みさき眼科クリニック@代々木上原

白内障の目薬

「白内障手術後にもかかわらずカタリンKの処方を希望していた患者」という記事が日経メディカルオンラインに載っていましたが(このサイトは医師に限らないのですが会員制です。この記事のように医師限定のものがあります。)、これは珍しい話ではありません。施設に入るために薬のチェックを、ということで久しぶりに眼科を受診して発覚することがあります。

「患者やその主治医と、コミュニケーションをとって治療の状況などを把握するようにつとめる。白内障にかぎらず、手術の前後で処方薬が不要になる場合があることに留意する。」
と対策が示してありましたが、基本的に目の病気の治療は眼科でしてもらったほうが良いでしょう。(地域によっては眼科受診が相当大変なこともあるのは知っていますが…。)眼科以外の科では、白内障の程度や手術を受けたかどうかはわかりません。

カタリン、カリーユニは白内障進行予防の目薬ですが、使わないと何か重大な障害が起きる、というものではありません。(白内障のほとんどは老化現象ですので、100%の人がなるものです。)

以前に認知症のひどい方で目薬を嫌がり、家族や施設職員が押さえこんでカリーユニを点眼しているけれど、どうしましょう、と相談を受けたことがあります。薬を使うベネフィット、薬を使わないデメリットの比較の問題なので、点眼をやめてもらいました。

白内障の手術を受けたことを本人も家族もわかっているのに、この目薬を続ける理由に、白内障は再発すると思っている、ということがあるようです。白内障は一回手術をすれば大丈夫なもので、再発することはありません。 「後発白内障」と呼ばれる、手術後に濁りが出ることはありますが、これはレーザーで治療できるもので、同じ手術を受けることは通常ありません。

Byみさき眼科クリニック@代々木上原

スポンサーサイト

PageTop