みさき眼科クリニック@代々木上原

すべて年のせい?

年齢的な変化です、と説明すると患者さんが怒るので、何かと気をつかう時代ですが、逆に体の調子が悪いのをすべて年齢のせいにする患者さんがいるのは心配です。
先日も
「目が赤いのは年のせいですよねえ。」
といらした患者さんは、治療が必要な炎症がありました。

「最近見えにくいのは白内障のせいで、年よねえ。」
というのも、ちゃんと眼科でそう言われているのであれば良いのですが、実は白内障以外の病気かもしれません。「視力低下」は明らかな「自覚症状」です。どうぞ眼科でご相談ください。

Byみさき眼科クリニック@代々木上原

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

みさき先生、おはようございます。
若いころと違い、ちょっと具合が悪いと直ぐに病院[E:hospital][E:cat]に行くようになりました。
薬やサプリメントの種類や量も増えました[E:bearing]
ところで眼科以外の治療で服用している薬の副作用で、白内障の進行または目の病気を起こす場合があり得るのでしょうか。同じ病気で同様の目の症状を訴える友達が身近に数人もいるものですから。
友達は皆、きちんと眼科の先生に診て頂いてます[E:confident]

きょとん | URL | 2010-06-02(Wed)03:47 [編集]


結構眼科領域の副作用を起こす薬は多いですよー。
一番知られているのはステロイド剤による副作用(緑内障、白内障など)だと思います。
最近抗がん剤TS-1による角膜上皮障害の報告があります。去年の10月のブログ参照されてください。
http://misaki-eye.cocolog-nifty.com/blog/2009/10/ts-1-41ce.html" rel="nofollow">http://misaki-eye.cocolog-nifty.com/blog/2009/10/ts-1-41ce.html

石岡みさき | URL | 2010-06-02(Wed)06:10 [編集]