みさき眼科クリニック@代々木上原

中心性漿液性網脈絡膜症

網膜の中心部に、血漿成分がたまってしまう病気で、30~40歳代の働き盛りの男性に多く、ストレスや疲労が引きがねになって起こると言われています。再発するのも特徴です。
 写真は同じ患者さんの左右の眼底写真ですが、右眼の矢印でさしている部分に「しみ」のようなものが見えるのがわかるでしょうか?その部分に一番血漿成分がたまっていますが、周りもうっすらと水がたまっています。
1

2

症状としては、物を見ようとすると、その中心部が暗くかすんで見えにくくなったり、小さく見えたり、ゆがんで見えたりします。自然に治るのもこの病気の特徴です。あまりに症状が長引く場合にはレーザー治療をすることもあります。

 Byみさき眼科クリニック@代々木上原

スポンサーサイト

PageTop