みさき眼科クリニック@代々木上原

治療法を選ぶのは患者さん自身

現在行われている検査・治療は、長年の研究や診療経験から効果があると判断されているものです。おすすめする治療法をやりたくない、という患者さんに遭遇することが時々あります。
若いころの私は
「どうしてこの治療をしないの。治らないよ!」
とムキになったものですが、最近はそれも患者さんの選択肢かと思うようになりました。

スタンダードな治療を選択しなければ、治らない、あるいは治るのが遅い、そして後遺症が残る可能性が高くなります。おすすめする治療方法は、治療のメリットがそのデメリットより大きい場合です。もちろんどんなことでも100%絶対ということはないので、治療したほうの合併症が出てしまうこともあるのですが、これは確率の問題だと思います。
それを説明して、選択肢を示すのが我々の仕事だと言えます。

ただし、効果があるとされている方法以外で、同等もしくはもっと優れた治療をしてほしい、と言われると困ってしまいます。北海道に行くのに飛行機には乗りたくない、でも飛行機と同じくらいあるいはもっと早く着く方法があるはず、というようなものです。

Byみさき眼科クリニック@代々木上原

スポンサーサイト

PageTop