みさき眼科クリニック@代々木上原

目薬はひとりひとり別のものを。

一人の患者さんの結膜炎用に処方された目薬を家族全員が使い、みながウイルス性結膜炎になってしまった、という家族を診察したことがあります。薬は飲み薬も目薬も、処方された患者さん個人の治療のためのものです。他の人の薬を使えば、具合が悪くなったり、病気がうつることがあります。

どんなに「目や睫毛にさわらないように点眼した。」と頑張っても、結構触っているものです。また、結膜炎を起こすウイルスは非常に生命力が強く、点眼びんの中で生き残っています。

目ヤニが出るからと、家族が処方されたヘルペス用の眼軟膏を使っていたという患者さんの話もうかがいましたが、目ヤニが出る病気はいろいろです。同じ薬がどの病気にも効くということではありません。眼科で診察を受けて、ご自分用の目薬をお使いください。

Byみさき眼科クリニック@代々木上原

スポンサーサイト

PageTop