みさき眼科クリニック@代々木上原

「さかさまつげ」は抜くしかない?

数本の睫毛が内側を向いている場合には、抜くのも大変ではありませんが(大体一か月に1回)、まぶたそのものが内側を向いている場合にはほとんど全部の睫毛が目に触っていて、これを抜くのは患者さんも医者も大変になります。手術をおすすめすることが多いです。

写真は数本の睫毛しか触っていない患者さんですが、角膜に白い部分があるのがわかるでしょうか?これは涙液中のラクトフェリンが沈着している続発性アミロイドーシスという状態です。さかさまつげの方全員に起こるわけではないのですが、学会で時々報告があります。睫毛が触らなくなるようにまぶたの手術をおすすめしています。同じ方のもう片方の目の写真も載せておきますが、さかさまつげがないためアミロイドーシスの病変もありません。

Byみさき眼科クリニック@代々木上原

3
4
スポンサーサイト

PageTop