みさき眼科クリニック@代々木上原

コンタクトレンズによる失明

「そんなの都市伝説だよ。」と思っている方もいるようですが、角膜が穿孔するような重症例を開業医でも診ることもあります。
写真は、コンタクトレンズの調子が悪いのに使い続け、角膜潰瘍になってしまい、その後濁りが残った症例です。この場合視力はそこそこ出るので、角膜移植の手術をする対象にはなりませんが、まぶしさなどの症状が強く出ます。点眼などで治療ができないのですが、本人のつらさはかなりのものです。
コンタクトレンズは医療用具です。調子が悪いときには眼科を受診してください。

9

Byみさき眼科クリニック@代々木上原
スポンサーサイト

PageTop