みさき眼科クリニック@代々木上原

多焦点眼内レンズ

白内障術後に入れる眼内レンズは、これまで単焦点と呼ばれる遠くか近くかどこか一か所にピントがあうレンズでした。最近は多焦点眼内レンズという遠近両用のような眼内レンズも使用されていますが、保険診療ではありません。


多焦点眼内レンズを入れれば、どの距離にでもピントが合うようになると思う患者さんの期待度が高いため、手術後の不満が出る場合もあります。手術前に単焦点、多焦点、どちらのレンズを選ぶか、手術後の見え方についての説明が必要となります。


多焦点レンズを入れると、手術後はどの距離も良く見える、というより、眼鏡に頼ることが少なくなる、というイメージを持ってもらったほうが良いそうです。そして見えていても、コントラストが悪い、光がにじんで見える、まぶしいということが起きやすいのが多焦点レンズです。近くの見え方は若いころにくらべればいまひとつとなります。そして眼鏡やコンタクトレンズとちがい、簡単に取り換えることはできません。


もちろんこういったレンズの特性のほか、予測と異なる度数に手術後になっていることもありますので、手術後に見え方の不満がある場合、レンズで矯正して見え方が変わるか、というチェックも必要です。また、術後ドライアイになることも多く、ドライアイになると見え方の質が落ちるため、ドライアイがあれば治療します。


Byみさき眼科クリニック@代々木上原

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する