みさき眼科クリニック@代々木上原

白内障はいつ手術すればいいの?

非常によく聞かれる質問です。答えは簡単。「ご本人が見えにくくなって困ったら。」です。

仕事や運転免許のために一定の視力が必要とされる以外は、両目で見て0.6から0.7の視力があれば日常生活には困らないはずです。(白内障の出方により、時に視力が1.0出ていても、とても見えにくいこともあります。)

いま現在白内障の手術は時間も短く、患者さんの負担が軽く、日帰りが主体となっていますが、手術は手術。100%安全、ということはありえません。もし、手術をすすめられている施設で「絶対安全」と言われたら、そこでの手術はおすすめしません。手術を受けた場合、受けなかった場合の、メリット、デメリットをきちんと説明できるところがおすすめです。(これは白内障の手術に限りません。)
ただし、本当に目の病気が白内障だけなのかは、きちんと診察を受けてくださいね。時に全然ちがう原因のことがありますので。

当院は手術をしていませんが、白内障の手術時期についてのアドバイスはもちろん、信頼できる施設にご紹介しています。免許の更新時に必要視力が出ず、あわてて眼科を受診される方が結構いらっしゃいますが、通常どこの施設でもすぐには手術ができません。年に一回は視力を確認することをおすすめします。どうぞご相談にいらしてください。 Byみさき眼科クリニック@代々木上原



以前日経メディカルオンラインに連載した「動画で見る最新の白内障手術」にリンクはっておきます。(全部見るためには会員登録が必要。)
スポンサーサイト

PageTop