みさき眼科クリニック@代々木上原

緑内障の早期発見

緑内障は眼球から脳につながる視神経がゆっくりと死んでいく病気です。ほとんどが原因不明、そして日本人には眼圧が上がらない緑内障が多く、見えにくいという自覚症状が出るときには末期となってしまっています。40才以上の日本人の5%以上が緑内障ありと報告されていますので、早めに発見し治療を始める必要があります。

その早期発見の基本は眼底写真です。写真で丸く見えている視神経乳頭と呼ばれるところに緑内障の変化が起きているかのチェックから行いますが、この部分は非常に個人差が大きい場所でもあり、緑内障の早期発見や緑内障になりやすい眼を見つけるためにはほかのところも細かくチェックしています。

そのひとつに乳頭周囲網脈絡膜萎縮 Peripapillary atrophy (PPA)と呼ばれる、視神経乳頭周囲の変化があります。
PPA-α:色素過剰と低色素が混在。正常所見。
PPAa.jpg

PPA-β:強膜、Bruch膜や脈絡膜血管、という眼球の外側に近い部分が眼の中から見える変化。緑内障になりやすい、あるいは緑内障が進行しやすい要素と考えられています。
PPAbJPG.jpg

緑内障の中には最初からすぐに診断がつくものもありますが、いくつかの検査を行って総合的に診断するのが通常です。そして、まだ緑内障ではないけれども発症しやすいと考えられる場合には経過を追っていかなくてはなりません。自覚症状が最初はまったくないため、40才をこえたら年に一回くらいは眼底写真を撮ることをおすすめします。

Byみさき眼科クリニック@代々木上原

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する