みさき眼科クリニック@代々木上原

アトピー性皮膚炎に対する免疫抑制剤治療

当院は眼科ですので、全身のアトピー性皮膚炎の治療はおこなっていませんが、目のまわり、そして目の中のかゆみが治らないアトピーの方の相談を受けることはよくあります。
atopre1.jpg
atopre2.jpg

写真はアトピー性皮膚炎がもともとあり、初めて目のかゆみが出たという小学生の患者さんです。皮膚科でステロイド剤の塗り薬、抗ヒスタミン剤の飲み薬が出たが、薬を何種類試しても効果が出ない、と相談にいらっしゃいました。
目の中もアレルギー性結膜炎の症状があったため、ステロイドの点眼と免疫抑制剤であるプロトピック軟膏をまぶたに塗る治療法に変更したところ、二週間で皮膚の赤み、びらんはほぼ消失し、結膜炎も軽快しました。
atopost1.jpg
atopost2.jpg

その後飲み薬を中止し、ステロイド点眼を抗ヒスタミン点眼に変更し、落ち着いてきたところでプロトピック軟膏の回数も減らしています。

このプロトピック軟膏が使えるようになり、アトピーの方の治療もかなり効果が上がりやすくなっています。

Byみさき眼科クリニック@代々木上原

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する