みさき眼科クリニック@代々木上原

「はやり目」のあとの黒目の濁り

うつりやすい結膜炎である「はやり目」は、二週間も症状が続くことがあり患者さんを悩ませますが、ときに黒目(角膜)に濁りを作ることがあり(写真囲み部分)、視力低下、まぶしさの原因となり、これもまたうっとうしい症状です。

この濁りは多発性角膜上皮下浸潤(MSI=Multiple subepithelial corneal infiltrates)と呼ばれ、他のウイルス感染でも起きることがあります。
MSI.jpg

ウイルスに対しての免疫反応であり、結膜炎の治りかけのころから見られます。この濁りがあっても結膜炎自体が治っていれば人にうつす心配はありません。ステロイド点眼がよく効きますが、結膜炎が治ったあとも悪化したり、点眼をやめると再発することも多く、どこまで治療すべきか悩みます。

Byみさき眼科クリニック@代々木上原

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する