みさき眼科クリニック@代々木上原

「はやり目」は目やにがないことも

アデノウイルスによるうつりやすい結膜炎=流行性角結膜炎=「はやり目」は、以前のように夏だけではなく、一年中見られます。
「目やに」が多いときにこの結膜炎を心配する人が多いのですが、外来で診察していると目やには必ずしも多くなく、「まぶたのはれ」「充血」で受診することが多いと感じます。
EKC1.jpg

写真の患者さんの訴えも「まぶたがはれている」「なんとなく痛いような気がする」というものでした。来院された時点で充血があるとわかったのですが、ご本人は気づいていませんでした。
EKC2.jpg
EKC3.jpg

下まぶたの結膜には濾胞と呼ばれるものが見られ、「はやり目」を疑わせる症状で、上まぶたをひっくり返してみると小さな出血があり、これもまた「はやり目」を疑う症状です。検査キットが陽性となり、確実にアデノウイルスによるものと診断しました。

「目やに」が続けば当然なんらかの病気があるので受診してほしいのですが、「目やに」がなくてもうつりやすい結膜炎のことがあります。まぶたのはれ、充血があれば眼科を受診してください。「はやり目」であれば、幼稚園、学校は休まなくてはなりません。

Byみさき眼科クリニック@代々木上原

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する