みさき眼科クリニック@代々木上原

「とびひ」

まぶたに「水ぶくれ」ができている場合、前回のブログのようにヘルペスのこともありますが、この写真はいわゆる「とびひ」であり、細菌感染のため抗菌点眼であっという間に治りました。子どもは皮膚のバリアーが弱く、大人には病気を起こしにくい細菌でもこのような感染症をおこします。
tobihi1.jpg
tobihi2.jpg

見た目だけでは確定診断が難しいときもありますが、この患者さんは結膜炎症状もあり目やにが出ていたため、その目やにを染色してみると好中球がほとんどであり、これはヘルペスのようなウイルス感染ではなく細菌感染と判断できます。
眼科で使っている診断キットは、「はやり目」を起こすアデノウイルスを調べるもの、アレルギーを調べるもの、角膜ヘルペスを調べるもの、などがあります。目やにを染色して顕微鏡で調べる検査は簡単なものは外来でも行えます。症状やこれらの検査結果を合わせて診断に役立てています。

Byみさき眼科クリニック@代々木上原
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する