みさき眼科クリニック@代々木上原

点眼薬•眼軟膏によるアレルギー

点眼薬によるアレルギー性結膜炎は、点眼後4-5時間しておきる充血、かゆみ、むくみの症状です。処方した薬以外では、眼底検査に使われるミドリンPに含まれるフェニレフリンで起きることがあります。

点眼薬や眼軟膏でおきる「かぶれ」はアレルギー性接触皮膚炎であり、使用して24-48時間後におきる皮膚の赤み、かゆみ むくみ びらんなどです。点眼薬では下まぶたと頬に起きる傾向があります。

よく外来で経験する原因薬剤は:
*防腐剤の塩化ベンザルコニウム
*アミノグリコシド系抗菌薬(特にフラジオマイシン、ゲンタマイシン)
*緑内障治療薬の
チモロールマレイン酸塩(チモプトールなど)
ニプラジロール(ハイパジール)
ジピベフリン塩酸塩(ピバレフリン)
*アレルギー治療薬の
ケトチフェンフマル酸塩(ザジテン)
アンレキサノクス(エリックス)
クロモグリク酸ナトリウム(インタール)

判定には皮膚科でパッチテストとなりますが、使用している薬の内容から診断が容易なこともあります。アレルギーを起こしているからとステロイド軟膏であるリンデロンA軟膏、ネオメドロール軟膏が処方されていることがありますが、この二つに含まれているフラジオマイシンが原因薬剤のこともあり、なかなか治らない状況になってしまっていることがあります。

目の回りに使う化粧品やビューラーが原因のこともあります。

Byみさき眼科クリニック@代々木上原

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する