みさき眼科クリニック@代々木上原

アトピー性皮膚炎による眼瞼の治療

眼科で処方するステロイド軟膏は比較的弱いものですので、アトピー性皮膚炎が重症の場合、ステロイド軟膏のmediumと呼ばれるもの(商品名ではアルメタ、ロコイド、キンダベートなど)を数日、長くても一週間使い、そのあとは免疫抑制剤のプロトピック軟膏へ切り替えることを皮膚科ではすすめています。

症状が落ち着いたあとには保湿が大事です。ワセリン(商品名:プロペト、サンホワイト、プラチナベース)を使ってもらいます。

眼科で処方されるステロイド軟膏は商品名ではプレドニン、サンテゾーン、リンデロンA、ネオメドロールがあります。リンデロンAとネオメドロールは含まれている抗菌剤のフラジオマイシンにアレルギーを起こすことがあるので、当院ではほとんど処方しません。

Byみさき眼科クリニック@代々木上原

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する