みさき眼科クリニック@代々木上原

糸状(しじょう)角膜炎

角膜上皮がよれたようになる糸状角膜炎はゴロゴロする感じが強く出て患者さんを悩ませます。
filamen.jpg

写真の○で囲った部分(ちょっとピンボケですが)にゴミのようにくっついているのがこの糸状角膜炎ですが、ただ取るだけではすぐ再発します。以前は取るしか方法がなかったのですが、ドライアイの治療薬であるムコスタ点眼液に治療効果があることがわかっています。

最近のドライアイの治療は、眼表面の粘液であるムチンを増やすムコスタ点眼とジクアス点眼が主に使われています。ムコスタ点眼は摩擦を少なくすることがわかっていて、ゴロゴロする異物感が強い場合に処方されます。

この糸状角膜炎は上まぶたに隠された部分にできることがあり、点眼の治療効果がないときには眼瞼下垂の手術をすると再発しなくなることがあります。

Byみさき眼科クリニック@代々木上原

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する