みさき眼科クリニック@代々木上原

弱視とは

一般的に使われる「弱視」という言葉は、視力が悪いことをさし原因はいろいろです。
医学的弱視とはこれとは異なり、視力の発達時期によく見えていなかったり、左右の見え方に大きく差があることなどにより、視力が成長しないことをさします。大体8歳くらいまでに弱視の原因をみつけて治療しないと、大人になっても見えない(この場合はメガネやコンタクトレンズを使っても見えないことをさします。)状態になります。

医学的弱視になっている視力不良の成人は治療できませんが、何か病気になっていて視力が悪くなった場合にはその原因をさがさなくてはなりません。眼科の診察時に子供のころには視力が良かったどうかをしつこく確認することがあるのは、医学的弱視で見えていないのか、何か治療すべき病気があって見えないかを鑑別するためです。

Byみさき眼科クリニック@代々木上原

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する