みさき眼科クリニック@代々木上原

涙の量は正常のドライアイ

「ドライアイ」というと、涙の量が少ない、というイメージがあると思いますが、ドライアイ症状を訴えて眼科を受診する患者さんの多くは涙の分泌量は正常であり、また眼の表面に傷がないことも多いのです。

では何が問題かというと、涙の状態が不安定ということです。眼をあけてから眼表面に乾いたスポットが出るまでの時間をBUT=Tear break-up timeと呼び、この時間が短い患者さんは非常に多く、自覚症状も強いドライアイです。

眼科医がドライアイ診療に慣れていないと、そしてコンタクトレンズをつけたままだと涙の状態を診察することができないため、ドライアイの診断がついていないこともあります。そして昔からあるヒアルロン酸点眼はBUT短縮型ドライアイにほとんど効きません。ムコスタ点眼やジクアス点眼が効果あるドライアイなので、ドライアイが治らずそしてまだこの薬を使っていなければ試してみたほうが良いでしょう。

Byみさき眼科クリニック@代々木上原

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する