みさき眼科クリニック@代々木上原

コンタクトレンズ装用中のドライアイ症状

コンタクトレンズをつけるとドライアイになりがちです。レンズが目の表面にあることで、目の中にたまっている涙の量が減り(メニスカスが低くなります。)、レンズ上の涙も不安定になるためです。

多くの目薬に含まれている防腐剤の塩化ベンザルコニウムはプラスにチャージしている界面活性剤です。コンタクトレンズはマイナスにチャージしているため、この防腐剤が入っている目薬をレンズ使用中に点眼するとレンズに防腐剤が吸着してしまい、ドライアイ症状が出やすくなります。

最近のドライアイ治療薬、ムコスタ点眼やジクアス点眼は防腐剤フリーになっています。アレルギーの治療点眼薬も防腐剤なしのものがありますので、コンタクトレンズ使用中に使いやすくなりました。何か症状があって眼科を受診される患者さんの中には通常レンズを使っていることを言わない方も多いのですが、レンズ使用中も点眼して大丈夫なのか確認したほうが良いでしょう。

Byみさき眼科クリニック@代々木上原

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する