みさき眼科クリニック@代々木上原

アレルギーと感染

アレルギー疾患があると細菌やウイルスに感染を起こしやすく、治療にステロイド剤や免疫抑制剤を使うことでも感染に弱くなります。しかし、そのために抗菌剤の予防投与を行うと、抗菌剤が効かない耐性菌が出てきてしまいますので、通常は抗菌剤使用は不要です。
shiUlc.jpg

写真は春季カタルという重症アレルギー性結膜炎に時にみられるシールド潰瘍と呼ばれる角膜の症状です。角膜に「傷」があるから、と抗菌剤の点眼薬が処方されていることがありますが、手術後とちがい予防的な投与はいりません。治療の基本はアレルギーのコントロールであり、ステロイド剤や免疫抑制剤が使われます。
当然感染には注意しなくてはいけないので、自覚症状としては充血や痛みが出てきた場合にはすぐ受診してもらうこと、そして診察時に強い前房内炎症を伴う場合には、感染を考え治療方針を変更します。

Byみさき眼科クリニック@代々木上原

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する