みさき眼科クリニック@代々木上原

カラーコンタクトレンズを使いたいなら

カラーコンタクトレンズはその色素がレンズの表面に露出していることがあり、黒目に傷を作ってしまったり、アレルギー症状の原因となることがあります。またレンズ表面に色素があると、汚れや細菌などがつきやすくなると言われています。

現在販売されているカラーコンタクトレンズのほとんどはHEMA(ヒドロキシエチルメタクリレート)という素材であり、一世代昔によく使われていた酸素透過性が悪いものです。この素材の場合、レンズ自体を薄くしレンズの動きがよくないと長時間装用は安全と言えません。しかし、売られているカラーコンタクトレンズのHEMA素材のものは厚みがあるものが多く、また目を大きく見せる目的のためにレンズのサイズが大きく、カーブの種類も選択できないため非常に動きの悪いものが多く見られます。

カラーコンタクトレンズによるトラブルを防ぐには、HEMA素材ではないレンズを使うことです。もしどうしてもカラーを使いたいのであれば、下記のレンズの中から選び、きちんと使い方を守ってください(ワンデーは一日で捨てる、手入れが必要なレンズはきちんと洗う、など)。

カラーコンタクトレンズ使用中に充血、痛みなどの症状があり、当院を受診する患者さんは、眼科の診察を受けることなくネットや雑貨店でレンズを購入されている方ばかりです。アドバイスしても、また同じレンズを使い続け同じトラブルを起こして何度も受診されるのはとても残念なことです。

ジョンソン・エンド・ジョンソン社
  ワンデー アキュビュー ディファイン
  2ウィーク アキュビュー ディファイン
日本アルコン社
  フレッシュルック デイリーズ カラー
  フレッシュルック デイリーズ イルミネート
  エアオプティクス ブライト
  エアオプティクス カラーズ
ボシュロム社
  ナチュレール

(当院ではコンタクトレンズ処方も処方せんの交付もしていません。)

Byみさき眼科クリニック@代々木上原

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する