みさき眼科クリニック@代々木上原

アトロピン治療が効かない近視

低濃度のアトロピン点眼は学童期の近視進行をおさえられることがわかっています。もちろんこの治療をしても完全に近視が進まないようにはできないのですが、治療をしている中でも近視の進行が早い子とそうでない子どもにわかれます。

治療効果が出にくいのは、小さい頃より近視の度が強く、両親が近視、という子どもが多いと報告されています。もともとの近視の進行が早く、点眼治療の効果が出来にくい場合があるようです。Am J Ophthalmol 2015, 159: 945-949.

この治療は近視を直すわけではなく、近視の進行を抑制するものです。時々成人の方から問い合わせをいただきますが、成人での近視進行は学童期の進行とメカニズムが異なりますし、治療効果の報告もないので、成人にはこの点眼治療は行っていません。

Byみさき眼科クリニック@代々木上原

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する