みさき眼科クリニック@代々木上原

Preperimetric glaucoma (PPG)

緑内障とは眼から脳につながる視神経が死んでしまうことにより、視野に見えないところ(暗点)が出てくる病気です。通常行われる視野検査で「暗点」が出てから治療を始めますが、眼底検査で緑内障の変化が起きてから視野に暗点が出るまではタイムラグがあります。

眼底検査で緑内障に見られる視神経乳頭の変化や網膜神経線維層欠損(NFLD)があっても、通常の視野検査で視野欠損を認めないものをpreperimetric glaucoma (PPG)と呼びます。最近はOCT(眼底三次元画像解析)による検査が広く行われるようになり、いままでわかりにくかった眼底の変化を早期に捉えられるようになりました。

PPGは原則治療は行いません。ただしリスクファクター(高眼圧、強度近視、家族歴)があったり、OCTや他の視野検査で異常がある場合は点眼治療を開始します。眼科にある視野計はハンフリー視野計が多いのですが、通常の検査は30-2や24-2というプログラムです。30-2で視野が正常であっても、10-2で暗点が出ることがあります。30-2は中心30度の視野を、10-2は中心10度の視野を検査していますが、30-2のプログラムでは10度部分は12カ所、10-2は68カ所と細かくチェックしているため、10-2プログラムで初期の変化を暗点としてとらえることができます。

緑内障は、眼底検査、OCT、視野検査を総合して診断する必要があります。そして進行していくのが緑内障です。10-2の視野検査でも異常がなくても、眼底に緑内障疑いの変化がある場合には経過観察が必要です。

Byみさき眼科クリニック@代々木上原

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する