みさき眼科クリニック@代々木上原

Thygeson(タイゲソン)点状表層角膜炎

黒目(角膜)に傷ができ、痛みのために涙が出る、まぶしくて目を開けられない、と眼科を受診する病気です。原因はよくわかっていませんが、何らかのウイルスが考えられています。樹状細胞という免疫反応に関係している細胞が上皮の下に集まり、神経にまとわりつくように存在しています。
thygeson.jpg

角膜にある傷のためにドライアイと診断されていることが多く、ドライアイの治療点眼薬しか処方されていないこともありますが、これはステロイド点眼を使わないと治りません。
ドライアイの場合には結膜部分にも傷があります。角膜だけに傷がある場合はこのタイゲソンの他、アレルギー性結膜炎や点眼薬による副作用も考えられます。またタイゲソンの場合には、点状の傷がグループを作って散在するという特色があります。
ステロイドの点眼で軽快しますが、再発も多く見られます。

なお「はやり目」(流行性角結膜炎)のあとに出る黒目の混濁も、この樹状細胞が周辺の細胞を活性化して起きると考えられていますので、ステロイド点眼で治療します。

Byみさき眼科クリニック@代々木上原

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する