みさき眼科クリニック@代々木上原

ED治療薬と眼

バイアグラが有名なED治療薬は、ホスホジエステラーゼという酵素を阻害することで作用します。この酵素は眼の中の網膜にもあるため、バイアグラを飲んでいるときにまぶしく感じたり、青く見えるのはその副作用と考えられています。
網膜色素変性症という病気を持っている人の一部にこの酵素異常が認められるときがあり、そのために網膜色素変性症にED治療薬は投与できないとされています。

先日バイアグラを使っている患者さんに、糖尿病網膜症の眼底出血は薬のせいではないかと相談されました。バイアグラ使用中に網膜静脈閉塞症になったり、虚血性視神経症になったという報告がありますが、もともと高血圧や糖尿病、高脂血症がある方たちなので、これらの持病のほうが血管病変の原因である可能性は大きいと言えます。ただ網膜に影響する薬なのと歴史が浅いので、経過は見ていく必要があると思います。眼科外来ではこの薬の使用はなかなか教えてもらえないのですが。

Byみさき眼科クリニック@代々木上原

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する