みさき眼科クリニック@代々木上原

高濃度のヒアルロン酸点眼は逆効果

ドライアイが重症であるから、0.1%ヒアルロン酸の効果がないから、と0.3%ヒアルロン酸が他院で処方されていることがよくありますが、これは逆効果です。

涙が少ない場合、濃度が高いヒアルロン酸を点眼すると、薬剤のほうに涙が吸われてしまい、よりドライアイ症状が強くなるからです。「盗涙(とうるい)」とドライアイ治療で有名な横井先生@京都府立医大が名付けているくらいです。

現在ドライアイの治療の主流は目の表面の粘液であるムチンを増やす点眼、ムコスタ点眼とジクアス点眼です。0.3%ヒアルロン酸点眼を処方するのは、涙が多いけれどもドライアイ症状がある場合、ケガなどが原因で角膜上皮びらんがある時くらいで、ドライアイを専門としているとまず処方しません。

Byみさき眼科クリニック@代々木上原

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する