みさき眼科クリニック@代々木上原

ムコスタ点眼が固まったら

ドライアイの治療に使われるムコスタ点眼はホウ酸を含む点眼薬と同時に使うと固まりができる、と以前のブログに書きました。こちら

実際の外来で診ているとどうかというと、困っている患者さんは意外に少ないのです。ムコスタだけを使っていて睫毛(特につけまつげやエクステンション)に白いものがついてしまう、という相談を受けることはありますが、他の点眼薬と併用して眼の表面で固まったものが何か悪影響を与えるということは少ないようです。

ドライアイの治療薬の主流は現在このムコスタ点眼とジクアス点眼ですが、どちらかが絶対的に優れている、ということはなく、ドライアイを専門としている眼科医はその特性を知りながら選んでいます。涙が少ない場合には水分を増やす作用もあるジクアスを、ゴロゴロ感が強い場合にはムコスタを選択するのが基本ですが、他にも涙の状態などもチェックして考えています。

ムコスタ点眼が治療に効果をあげているときにアレルギー性結膜炎など他の症状が出た場合、追加する点眼薬のホウ酸の有無を考慮したり、実際の使用時には二種類の点眼薬を使う間隔をあけるように患者さんに説明するのも大事なことと考えています。

ドライアイだからこの薬しかない、この治療しかない、ということはなく、特に新しい点眼薬が出たあとは色々な経験をつみながら、学会等で他のドクターの話を聞いて勉強する必要があると思います。

Byみさき眼科クリニック@代々木上原

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する