みさき眼科クリニック@代々木上原

子どもの視力検査

大人と同じ視力検査ができるのは大体4歳くらいからです。特に見えにくい様子が見られなくても、4歳前後のお子さんには視力の成長がうまくいっているかどうかをチェックするために視力検査をおすすめしています。視力検査の視票が一列に並んでいる検査は(字づまり視力と呼ばれます。)4歳だとまだうまくできない子どももいるため、一つずつ視票を見せる検査(字ひとつ視力)を行うこともあります。

3歳では絵による視力検査を行います。3歳未満では視力を調べる方法はいくつかありますが、詳しく検査を行ったほうが良いというポイントがいくつかあります。生後数ヶ月で動くものを目で追うようになりますので、それができているかを健診でもチェックしています。その後は両目の位置がおかしい(外に向いている、内に向いている)、縫いぐるみなど興味を惹きそうなものを眼の前に置いてもじっと見ない、片方の眼を隠すと嫌がる、などの状態が見られれば、早めに眼科に相談してください。

Byみさき眼科クリニック@代々木上原

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する