みさき眼科クリニック@代々木上原

両眼で見たほうが疲れない

近くを見るときには眼の中の水晶体(レンズ)を厚くしてピントを合わせ、遠くを見ているときには水晶体を薄くしています。このピントを合わせることを「調節」と言いますが、片方ずつの眼で見るより両眼で見ているときのほうが調節はスムーズに起き、きちんとピントが合いやすくなっています。近くを見ているときには眼は真ん中に寄りますが、そのときに調節も働くためです。

40歳以降の老眼年齢になると、特に片方の眼での調節がうまくいかなくなります。スマホを使うと疲れる原因の一つに、横目を使ってしまい両眼で見ていないからということも言われています。メガネで見えにくい、疲れるという訴えがある場合には片方ずつの視力はもちろん、両眼でも見え方の確認も必要です。

Byみさき眼科クリニック@代々木上原

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する