みさき眼科クリニック@代々木上原

角膜クロスリンキング(円錐角膜の治療)

角膜クロスリンキングとは、ビタミンB12であるリボフラビンを点眼しながら紫外線をあてることで、角膜のコラーゲンを架橋させて角膜を固くする治療法です。角膜が突出して視力が出にくくなる円錐角膜の治療法(進行を止める)として10年くらい前から行われています。

円錐角膜以外に、角膜の感染が起きたときと、水疱性角膜症(角膜の内側の内皮細胞が減ることで、角膜がむくんでしまう状態)にもこのクロスリンキングは行われていますが、水疱性角膜症のほうは角膜を透明化する根本的な治療にはならず、角膜の厚みを減らしたり、痛みのコントロールになる程度のようです。角膜に細菌や真菌が感染すると、重症の場合角膜が溶けてしまうことがあります。クロスリンキングを行うと、角膜のコラーゲン架橋で融解しにくくなる治療効果が期待できたり、この治療法そのものに殺菌効果があるため薬剤の補助的な治療として使われる可能性があります。

Byみさき眼科クリニック@代々木上原

スポンサーサイト

PageTop

目の傷の原因は?

ドライアイの診断基準が変わり、目の表面に傷がなくてもドライアイと診断されるようになりましたが、逆に傷があってもドライアイではないこともあります。

ひとつは点眼薬に含まれる防腐剤による傷です。これは角膜にのみ傷ができます。ドライアイの場合、目の表面に傷があるときは必ず結膜上(白目の表面)にできます。結膜上だけのこともあれば、角膜、結膜両方にできることもありますが、角膜だけにできることはありません。角膜に傷があるのに治らない、と次々と防腐剤の入った点眼が追加になると症状は悪化します。

もうひとつはアレルギー性結膜炎による傷です。この場合も角膜上だけに傷ができます。これはアレルギーを治療しないと治りませんので、ドライアイの点眼薬は効きません。

ドライアイやアレルギー性結膜炎は特殊な機械がなくても診断可能な病気ですが、フルオレセイン染色(検査用の蛍光色素)で傷や涙の状態をチェックしないと、診断がつかなかったり、効果のある目薬を処方することができないと言えます。当院ではドライアイやアレルギー性結膜炎と考えられる症状があり、いままでの治療で効果が上がっていない、そして特に初診の場合にはこの染色を必ず行います。コンタクトレンズをしていると染色検査ができないので、レンズはつけずに受診することをおすすめしています。ワンデータイプのレンズは診察時にはずしてしまうと、つけて帰ることができませんので(当院にはコンタクトレンズの在庫がありません。)、メガネで受診されるか、レンズの替えをお持ちになってください。

Byみさき眼科クリニック@代々木上原

PageTop

Attitude@初台

「欧州料理」という分類になっていて、外観内装がカフェっぽいので実はあまり期待せず行ったのですが、あらどうしてしっかり作ってあって美味しかったです。鶏レバーのブリュレ、パテ(これも鶏)が好みのタイプでした。
問題は量が多いことで、ひとりで行くと食べきれません…。写真のシュニッツェルもハーフにしてもらってます。
atti1.jpg
atti2.jpg
atti3.jpg

Attitude@初台
渋谷区初台1-9-12 T&Tビル102
Tel: 03-6300-4134
営業時間:18:00-23:00 (ワインバー:22:00-25:00)
定休日:火(Facebookで確認してください)
お店のホームページはこちら
お店のFBはこちら
食べログでの案内はこちら

PageTop

カロリー制限は緑内障にも効果的か?

食べるもののカロリー制限をすると長生きするのかしないのか、正反対のデータをめぐって論争されてきましたが、中高年からはカロリー制限したほうが長生きするようです。(サルの話ですが。)

緑内障は視神経が死んでいく病気で、眼圧を下げることが治療となりますが、神経そのものの保護も注目されています。カロリー制限は神経保護にも役立つことがわかっているため、緑内障のマウスで実験したところ、一日置きの絶食を行うと網膜の神経節細胞死が抑制されるそうです。(Sci Rep 6: 33950, 2016)

これがそのままヒトでの治療につながるとは言えないと思いますが、絶食した効果がどう神経を守っているのかがわかっているので、そこが治療に使えるかもしれませんね。

Byみさき眼科クリニック@代々木上原

PageTop

眼の表面に傷がなくても「ドライアイ」

ドライアイは涙液異常、眼表面の傷、自覚症状、の3つがそろわないと確定診断になりませんでしたが、眼表面にまったく傷はないのに、涙が乾くまでの時間(BUT)が短いと非常に自覚症状の訴えが強くなることはよく知られていました。数年前に出たドライアイの治療点眼薬(ジクアス、ムコスタ)はこのBUTが短いドライアイに効果的なことがわかり、ドライアイそのものの研究も進みました。

そして昨年ドライアイの診断基準が変わり、
「BUTが5秒以下、かつ自覚症状(眼不快感または視機能異常)を有する」
となりました。眼表面に傷のないドライアイも確定診断に含まれるようになったわけです。

傷がないのにどうして自覚症状が出るか、というのは、知覚過敏ではないかという説があります。近視矯正手術LASIKの術後にドライアイになるのは、いったん切断された神経が再生するときに過敏状態が起きるのではとも言われています。ドライアイは慢性疼痛症候群のひとつなのかもしれません。

Byみさき眼科クリニック@代々木上原

PageTop

美食天堂 金威(かむい)@下北沢

中華料理です。お昼の麻婆豆腐定食は、麻婆丼にして安くしたほうが受けるかも。辛いけど、私が作るなら豆豉(とうち)と山椒をもっときかせます。
Kamui.jpg

美食天堂 金威(かむい)@下北沢
世田谷区北沢2-14-3 喜多ビル2F
Tel: 03-6450-8876
営業時間:11:30-15:00 17:30-24:00 (土日は通し営業)
定休日:火曜
ホームページはこちら
食べログでの案内はこちら

PageTop

ドライアイにヒアルロン酸点眼は効果が少ない

眼の一番表面にあるのが角膜ですが、その一番外側は上皮細胞が層を作っています。この細胞がすこしはがれてしまうのが点状表層角膜炎と呼ばれるドライアイのときなどに見られる状態で、もっと深くまで細胞がはがれてしまうのは角膜上皮びらんと呼ばれます。

びらんが治る過程では、びらんの部分にフィブロネクチンが出て、上皮側にはインテグリンがあり、この両者が接着して角膜上皮を再生していきます。ヒアルロン酸点眼はこの接着をうながします。一方ドライアイを治すためには角膜表面の水ぬれと水分を増やす必要があり、この作用はヒアルロン酸にはありません。また点眼したヒアルロン酸に眼表面の水分が吸われてしまい、かえってドライアイ症状がひどくなることもあります。

単なる傷であればヒアルロン酸点眼も効果がありますが、ドライアイであればジクアスやムコスタ点眼を使ったほうが効果的でしょう。

Byみさき眼科クリニック@代々木上原

PageTop

花粉症の治療は早めに

年があけるとそろそろ花粉症の話題が出てくる時期です。スギ花粉は大体バレンタインデーの頃に飛びはじめますが、その治療は少し早めに行ったほうが効果的という「初期療法」という考え方があります。一月末くらいから薬を使ってもらいます。

その人の毎年の症状に合わせて点眼、点鼻、飲み薬をそれぞれ使ってもらいます。点鼻薬は眼の症状にも効果があることがわかっていますので、両方使っている方も多くいます。早めに薬を使っても完全に症状がなくなるわけではないのですが、症状が軽くなる、症状の出る期間が短くなることが知られています。

当院でも点鼻薬、そして内服薬も処方していますので、ご相談ください。なお、スギだけにアレルギーがあるのか、他の季節に出るアレルギーの原因を知りたい、という人には採血検査を行っていますので、これもご相談ください。

症状がひどくなってからの治療ですと、ステロイドを使わざるをえなかったり、外来が混むこともありますので、早め対策をおすすめします。ふだんは静かな当院ですが、例年3月が患者数のピークとなっています。

Byみさき眼科クリニック@代々木上原

PageTop

グレムリン@幡ヶ谷

写真のメニューからもわかるように、食べるものよりビール重視のお店です。私も他の店のウエイティングバーのように使わせてもらいました。
grem.jpg

クラフトビール好きには素敵な場所でしょう。

グレムリン@幡ヶ谷
渋谷区幡ヶ谷1-3-1 幡ヶ谷ゴールデンセンターB1F
Tel: 03-6300-5723
営業時間:15:00-23:30
定休日:月曜
食べログでの案内はこちら
お店のFBはこちら

PageTop

ドライアイの診断

ドライアイの自覚症状をスコア化するアンケートはいくつか知られています。DEQS、OSDIの二つが有名ですが、SANDEという二つの質問項目だけのものもあります。ドライアイ症状がどれくらい起きるかと、その重症度を尋ねるだけなのですが、スコアと他覚的症状とは一致するそうです。そして最近はスマホでドライアイチェックができるアプリ「ドライアイリズム」というものもあります。

いずれも自覚症状の程度を見るだけで、ドライアイの診断はつかないのでは、と思われそうですが、最近ドライアイの診断基準が変更されました。

以前は涙液異常、眼表面の傷、自覚症状の3つがそろわないとドライアイの確定診断とはならなかったのですが、昨年より
「BUT 5秒以下 かつ 自覚症状(眼不快感または視機能異常)を有する」
となり、眼表面の傷はあってもなくても診断には関係なくなりました。BUTとは眼を開けてから眼表面の涙液層に乾いたスポットが出るまでの時間のことです。だいたいこれは眼を開けていられる時間と同じなので、眼を長い間開けていられない、なんらかの眼の症状がある、という人はドライアイだと思ってもらって良いのでしょう。つまり、医者の診察がなくても診断がつくと言えるのですが、ドライアイのタイプによって効果が出やすい点眼薬が異なること、ジクアスとムコスタという眼表面のムチンを増やす点眼はまだ市販にはなっていないことから、治療するためには眼科医を受診する必要があります。ただ、ドライアイに興味のない眼科医だと、眼表面に傷がないとドライアイだとは思っていない可能性もあります。

Byみさき眼科クリニック@代々木上原

PageTop