みさき眼科クリニック@代々木上原

はやり目による角膜混濁

流行性角結膜炎(はやり目)は非常にうつりやすい結膜炎です。症状もひどく「これが結膜炎とは思えない」としばしば患者さんに言われるくらいですが、この結膜炎になった後に角膜に濁りが出る人がいます。(写真)
6章図10 のコピー

この濁りは視力が低下しない程度であっても、光をまぶしく感じたり見えにくくなることがあります。小さい子どもの場合、瞳孔にかかるとわずかな混濁であっても弱視の原因になることがあり、しっかり治療をしないといけないのですが、効果のあるステロイド点眼は特に子どもの場合眼圧が上がる副作用が出やすいため注意が必要です。また、流行性角結膜炎とされていた結膜炎のうち5%がヘルペスによるものだったという報告があり、その場合はステロイド剤で悪化しますので、これまた難しいところです。

大体二週間で症状がなくなる結膜炎ですが、長引く場合はしばらく通院が必要となります。

Byみさき眼科クリニック@代々木上原

スポンサーサイト

PageTop

IgG4関連疾患

涙腺とは上まぶたの外側にある涙を作っている分泌腺です。そこが腫れる病気で以前はMickuliz(ミクリッツ)病と呼ばれていたものが、IgG4関連疾患であることが最近わかりました。

IgG4関連疾患とは、抗体であるIgG4が血清中で高値となり、IgG4陽性形質細胞やリンパ球が膵臓、涙腺、唾液腺、腎臓などに浸潤し、臓器の腫大、炎症、組織の線維化をきたす全身疾患です。

以前は臓器が腫れるため腫瘍と診断されて手術をおこなうこともあったそうですが、最近はこの病気を疑い採血して診断できるようになりました。原因は不明ですが、ステロイドの全身投与がよく効くことがわかっています。

Byみさき眼科クリニック@代々木上原

PageTop

Malins(マリン)@幡ヶ谷

六本木に本店があるフィッシュアンドチップスのお店です。
写真にある箱のセットが1400円。イギリス人が料理に興味ないのを忘れてました…。
malins.jpg

Malins(マリン)@幡ヶ谷
渋谷区幡ヶ谷2-8-15
Tel: 03-6383-4153
営業時間:11:00-23:00
無休
お店のホームページはこちら
Facebookはこちら
食べログでの案内はこちら

閉店しました。

PageTop

学童期の再発性角膜上皮剥離

黒目の表面がはがれるようなケガをした後、数ヶ月から数年後にそこの部分が起床時にはがれてしまう再発性角膜上皮剥離という病気があります。角膜上皮細胞の接着が弱くなることで起きる状態です。ケガしたことを患者さんが覚えていなくても、起床時の激痛、診察時に上皮がはがれているorやや浮いている状態が見えること、何度も起きる、ということから診断できます。

子どもにこの再発性上皮剥離を診た場合には、ケガが原因ではなく、角膜変性症(ジストロフィー)のことがあります。成人の角膜変性症でももちろん上皮がはがれやすくなるのですが、成人の場合もともとの病気である角膜変性症がはっきりとしているため診断が容易です。子どもの場合角膜変性症がわかりにくいとき、遺伝する病気のため両親の診察をすると変性症の診断がつきます。

Byみさき眼科クリニック@代々木上原

PageTop

小児の近視進行予防

成長期である8歳から16歳までが近視の進行時期です。そのときに進行を止められないだろうか、という研究がいくつかあります。

近視が進行する理由として考えられているものは
 1) カメラのフィルムにあたる網膜の中心部にピントが合わない状態(網膜より後ろに結像する状態。
 2) 眼球が球体のため、中心部網膜にピントがあっているときでも周辺部網膜における像のぼけ(軸外収差)が生じる状態。
というものがあります。

1)については、累進屈折力レンズ(MCレンズ)がすでに販売されています。近視眼ではピントを合わせる力が弱いため、近くを見る作業時に遠視性のぼけを生じ近視化するという理論のもと、このぼけを生じさせないようにする一種の遠近両用レンズです。
2)については、周辺部網膜における像のぼけを抑制する設計の軸外収差補正眼鏡とコンタクトレンズがありますが、メガネは日本では効果を証明できていないのと、コンタクトのほうはまだ研究の段階で実際に使うことができません。
 オルソケラトロジーレンズという寝ている間につけて近視を矯正する特殊なコンタクトレンズには、軸外収差を補正する効果があるので近視の進行抑制治療として使うこともあります。一番効果があるのが8歳からの使用なのですが(12歳から使用しても効果が少ない。)、このレンズは未成年には厚生労働省の認可がおりていないため、近視の治療として使うには難しそうです。

 低濃度アトロピン点眼と、太陽光を浴びる戸外活動は、網膜のアマクリン細胞への作用により近視進行抑制が起きると考えられています。アジアの国々では点眼処方そして外光を取り入れる教室設計などがされているそうです。
 
現在通常の外来で近視進行抑制として患者さんにお勧めできるのは、MCレンズの処方、戸外活動そして近見作業の間に休みを入れる、ということぐらいでしょう。当院ではMCレンズのメガネ処方と低濃度アトロピン治療を行っていますが、保護者の多くは「近視を治す」治療と誤解されています。進行を抑制できるかもしれない治療であること、そして多くの方が期待しているほどの効果は残念ながらありません。

Byみさき眼科クリニック@代々木上原

PageTop

ジェラテリア テオブロマ@代々木公園

富ヶ谷にある有名菓子店テオブロマが近くにアイスクリームのテイクアウト専門店を出しました。
ダブルで700円ってちょっと高いかなあ。
teoice.jpg

ジェラテリア テオブロマ@代々木公園
渋谷区富ヶ谷1-9-23 服部ビル1F
Tel&Fax: 03-3469-3113
営業時間:11:00-20:00
年中無休
お店のホームページはこちら

PageTop

色覚検査のおすすめ

 保護者の多くが子どもの色覚異常に気づいていないそうです。小学生で色覚異常を疑うポイントとしては、色の名前を覚えるのが遅い、身の回りの物の色を間違える、塗り絵で木の幹と葉を同じ色で塗ったり、茶色の犬や卵を緑で塗るなどする、色で見分けるゲームが理解できない、といったことがあげられます。ネットで色覚診断を行えるというサイトがありますが、明るさなどで結果が異なることもあり、眼科できちんと検査を受けることをおすすめします。

 色覚異常はモノクロの世界と誤解している方が多いのですが、そうではありません。見分けにくい色、似て見える色があり、見ているものが小さい、明度差が少ない、そして暗い、急いでいる、と間違うことが多くなります。

 昔にくらべて色覚異常があると就職できない職種は少なくなりましたが、学校健診での色覚検査が廃止になっているため、就職時に初めて自分の色覚について知る人が増えています。公安、運輸関係は色覚による制限があるところが多く、印刷、建築、ビル管理、電気関連の仕事も色による見分けが必要なため制限をもうけている場合があります。進学時に色覚検査がなくても、その学校を終了後につく職種に色覚による制限があることもあり、希望する職種がはっきりしている場合などは特に色覚検査を受けておくことをおすすめします。

Byみさき眼科クリニック@代々木上原

PageTop

イル トラメッツィーノ(Il Tramezzino)@東北沢

なんにもないような東北沢の駅前にあるお店で、イメージとしてはイタリアのバールでしょうか。このあたりでランチに行くならなかなか美味しいサンドイッチとコーヒーです。(コーヒーのお代わり勧めてくれたのが嬉しかったです。)
tra.jpg

トラメッツィーノってサンドイッチのことなんですね。

イル トラメッツィーノ(Il Tramezzino)@東北沢
世田谷区北沢3-7-1 宇治川ビル1F
Tel: 03-6407-1461
営業日:11:00-16:00 (L.O. 15:30)、 18:00-22:30 (L.O. 21:30)
定休日:日曜日
食べログでの案内はこちら

PageTop

メガネのフィッティング

メガネの処方をした患者さんが「合わない」と戻ってくるときに、かけてもらった状態をチェックするとフィッティングが悪いことがあります。

メガネは度数、瞳孔間距離を検査時に測り、これは個人差があるものですが、他に角膜頂点間距離(頂間距離)というものがあります。レンズの後ろ部分から角膜=目の表面までの距離のことですが、これはあえて変更する場合を除き12ミリで作成することがほとんどです。眼科での検査時に12ミリでメガネを作ると想定してためしがけをしてもらい大丈夫であっても、作ったメガネがあまりに目に近かったり、離れていると見え方が変わってしまいます。

以前はセルフレームのメガネには鼻パッドがついていないものが多く、使っている人のほとんどがずりおちた状態でした。日本人は鼻が低いのでしょうがないのですが、こうなるとレンズまでの距離が遠くなるだけでなく、レンズの中心で見ていないので使いにくい、疲れるメガネになってしまいます。セルフレームを使いたいのであれば、鼻パッドのついているものがおすすめです。

学童のメガネを選ぶ際にお子さんが喜ぶのでかわいいフレームに目が行きがちですが、メガネはフィッティングも大事ということを考えて、きちんとした位置で使えるメガネを購入してください。

Byみさき眼科クリニック@代々木上原

PageTop