みさき眼科クリニック@代々木上原

iPhone iPadは視覚障碍者が活用できるツール。

スマホを持っている人は多いと思いますが、実は視覚障碍のある方に非常に便利なツールです。拡大しやすい、ということはすぐわかると思います。パソコンでマウスを動かしてカーソルを目的の場所に持っていくという動作、これは視野の狭い方には非常に難しいのですが、スマホは触れば操作が可能です。特にiPhone iPadはデザインが視覚障碍者向けにできています。

これまで視覚障碍者向けのツールとしては、外出時の単眼鏡や、本や書類を置いて読むための拡大読書器がありました。しかし、意外に使いにくいという問題があります。顕微鏡で拡大を強くしたあとに見ているものが視界からはずれてしまうと探せなくなる、ということを経験した人も多いと思いますが、単眼鏡で身の回りの物を見ようとすると同じことが起きます。これはスマホの場合、見当をつけて写真を撮って拡大してみれば確認することができます。拡大読書器は実際のページを拡大して読むために、本を動かさないと全文を読むことはできません。デジタルになっている本の場合、段組みを変えることができるため、読みやすいサイズ、そして縦書きか横書きかを選ぶことができます。(人によって縦が読みやすい人、横が読みやすい人、ということがあります。)

そしてスマホは、色やコントラストもその人が見やすいように調整できます。視覚障碍者は見え方が変動することも多く、その調子に合わせて変更できるのも良いところです。角膜の病気で見えにくいときには、このようなデジタル機器のほうが見やすくできることが多いそうです。全盲の方も使いこなせば便利なツールになります。また視力は良好でも字の認識が難しい読み書き障害(Dyslexia ディスレクシア)の人にもデジタル機器は役立ちます。

以上は三宅琢先生の講演を聞いての簡単なまとめです。三宅先生は視覚障碍者をiPadで支援する目的の会社を作られています。Studio Gift Hands サイトはこちら。三宅先生の講演は本当に「目からウロコ」の話題満載です。

学校で使う教科書のデジタル配信してくれるサービスがあります。アクセスリーディングのサイトはこちら

今後の問題点は、これまで使われている視覚障碍のための機器には補助金が出るのに対し、スマホはまったく個人の負担になってしまう、ということだと思います。


Byみさき眼科クリニック@代々木上原

スポンサーサイト

PageTop

OCTによる網膜色素変性症の診断

網膜色素変性症は、網膜にある視細胞の杆体が機能しなくなっていき、暗いところで見えにくくなる「夜盲」と視野が狭くなる症状が出る病気です。5000人に一人の発症と言われ、原因となる遺伝子は現在50種類以上報告されていますが、遺伝して発症することもあれば、突然現れることもあります。進行していく病気ですが、かなり高齢になっても視力や視野が保たれている人もいます。眼内に慢性的に炎症があると視機能が落ちることが報告されていて、炎症も病気の進行に関係しているようです。

夜盲の訴えがあり、眼底検査で典型的な黒い色素の病変(骨小体様色素沈着と言われます。)が見られればこの病気を考え、網膜電位図、視野検査、蛍光眼底造影などの検査で確定診断をつけます。まれにこの色素が見られないこともあります。

最近はOCT(眼底三次元画像解析)も診断の助けになります。OCTは網膜の層構造をとらえることができ、視細胞はEllipsoid line (旧IS/OS line)と呼ばれるラインになります。視細胞の杆体と錐体をOCTで区別することはできませんが、杆体は中心窩には少なくその外側に多く存在するため、網膜色素変性症の場合、中心窩のEllipsoid lineは正常、中心窩外のEllipsoid lineが不明瞭になるという所見になります。

網膜電位図や蛍光眼底造影の検査は、病院クラスの眼科に行かないと行えないため、開業医でも持っているOCTの器械でまず診断がつけられると患者さんの負担も少なくなります。(難病認定の診断書には網膜電位図が必要です。)

Byみさき眼科クリニック@代々木上原

PageTop

福のから@笹塚

チェーン展開している唐揚げ屋さん。
私はとりあん@幡ヶ谷のほうが好きです。
fukunokara.jpg

福のから@笹塚
渋谷区笹塚1-56-18 京王クラウン街笹塚
Tel: 03-6300-4305
営業時間:10:30-22:00
ホームページはこちら

PageTop

読み書き障害(Dyslexia ディスレクシア)

読み書き障害とは、学習障害のうち文字の認識ができない障害です。知的障害はなく、視力そのものにも問題はないのに、字や単語を読むことが苦手です。特に声を出してよむ音読が非常にむずかしくなります。

海外では有名人がこの障害のあることを公表していることからもわかるように、社会生活は問題なく送れることも多いのですが、読解能力が低下したり、勉強する意欲がなくなってしまうことがあると学業に支障をきたします。

この障害のある子どもが学校健診の視力検査でひっかかり、眼科を受診することがあるそうです。視力表の指されたところがわからない、見えていても90度回転して見える、となったりして、大勢を検査する健診では視力が出ません。眼科で検査員がひとつの視票を見せ、ゆっくりと検査を行うと、視力が出るため、心因性の視力障害と診断されてしまうこともあるそうです。

通常の視力障害とちがい、ただ拡大すれば読めるようになることは少なく、耳から入っている音を遮断したり、色つき下敷きを載せて通常よりは見えにくい状態にしたり、厚紙などをくりぬいて一行だけ見えるようにするとうまくいくことがあります。最近ではスマホなどにも入っている読み上げソフトで音声に変換すると理解できる人が多いようです。

治るというものではないのですが、その人にあった方法を見つけ出せばかなりスムーズに学校生活も送れるようになります。

Byみさき眼科クリニック@代々木上原

PageTop

非ステロイド系抗炎症点眼薬による角膜上皮障害

ステロイド剤ではない炎症をおさえる点眼薬は、ジクロフェナク(ジクロード)、ネバフェナク(ネバナック)などがあり、白内障の術後によく使われます。ブロムフェナク(ブロナック)点眼もステロイド剤点眼を使いたくない時(ステロイドを使うほどの強い炎症ではない、ステロイドの副作用が心配なとき)などに、処方されます。

これらの点眼は時に角膜上皮障害を起こすことがあり要注意です。もともとドライアイがあったり、ドライアイになりやすい膠原病があるときに白内障手術をしてから角膜穿孔し、これらの点眼が原因と考えられたという報告もあります。白内障の術後の角膜穿孔は非常に珍しい合併症ですが、手術後は眼内の炎症の程度、視力だけではなく、角膜の傷のチェックも必要と言えます。

Byみさき眼科クリニック@代々木上原

PageTop

フラウラ(Fraoula)@代々木八幡

世田谷から移転してきたケーキ屋さん。八幡湯の先です。
アステリスク@代々木上原を食べ慣れてしまうと、モンブランは平均点かなあ。
fra.jpg

フラウラ(Fraoula)@代々木八幡
渋谷区富ヶ谷1-4-6 1F
Tel; 03-6407-0304
営業時間:10:00-17:00
定休日:火曜
お店のホームページはこちら
食べログでの案内はこちら

PageTop

pre-perimetric glaucoma (PPG)

緑内障とは視神経が障害を受けて視野が欠けていく病気です。最近はOCT(光干渉断層計)の普及により、かなり早期の変化をとらえることができるようになり、視神経や網膜に緑内障を疑わせる変化はあるものの、まだ視野に変化はない、という段階で発見されることも多くなり、pre-perimetric glaucoma (PPG)と呼ばれたりしています。

視野に変化がないため緑内障の診断にはならず、定期検査のみで治療しないことも多いのですが、30-2という一番よく使われる視野検査のプログラムでは正常であっても、10-2では緑内障ということもあるので、10-2の視野検査も行ったほうが良いようです。(30-2は中心30度のチェックをする視野検査、10-2は中心10度の検査です。)また、眼圧が高い、近視が強い、家族に緑内障の人がいる、という緑内障になりやすい危険因子がある場合には、点眼治療を開始することもあります。

視野検査では異常がなく、OCTで緑内障を思わせるかなり早期の変化がある方に、「今は緑内障ではないが、将来なる可能性が他の人より高いので経過観察が必要」と説明したところ、「『可能性が高い』っていうのは100%起きることだろ? そう言っておきながら緑内障ではないって嘘つくんじゃないっ!! 」と怒られたことがありますが、現在緑内障でなくても将来なる可能性はありますし、「進行していく」というのが緑内障の特徴でもあります。健診として眼底写真を年に一回くらい撮ることはおすすめしていますし、緑内障になる危険因子が多い人はOCTや視野検査も定期的に必要です。

Byみさき眼科クリニック@代々木上原

PageTop

マイボーム腺炎角膜上皮症

最初の写真は二年前から充血が引かず、重症アレルギー性結膜炎の診断を受け、あらゆる抗アレルギー点眼を使用し、ステロイド剤点眼を使うと多少はよくなるが完全によくならない、と相談にいらした方のものです。
furi1.jpg

これはアレルギー性結膜炎ではなく、マイボーム腺炎角膜上皮症です。白目の充血はありますが、角膜の表面に血管侵入があり、これはアレルギー性結膜炎ではまず見られない症状です。慢性的な炎症のためステロイド点眼が少し効いたのだと思われますが、まぶたの脂の分泌腺であるマイボーム腺に炎症があるために角膜にも炎症が起き、治療は抗菌薬の飲み薬になります。(二番目の写真は治療後。)
furi2.jpg

Byみさき眼科クリニック@代々木上原

PageTop

串カツ田中@代々木上原

開店したばかりなのに、すごーく流行ってます。居酒屋なのでテンポが早く、元気が良い。子どもが食べられるものもあり、大画面TVあり、喜ぶソフトクリームもある。ママ友たちが夕ご飯を食べている横で仕事帰りの人たちがつどっています。中の様子もわかるので入りやすい。
チェーン店ですので決まった味ですが、ちょっと飲んで帰りたいな、というときに良いのでしょう。
tanaka.jpg


串カツ田中@代々木上原
渋谷区上原1-35-3 第一上原ビル
Tel: 03-6804-9403
営業時間:17:00-25:00 土日祝:16:00-25:00
不定休
ホームページはこちら
食べログでの案内はこちら

PageTop

Valsalva(バルサルバ)網膜症

バルサルバ効果とは、息を止め力むことで普段より筋力が発揮できるという現象です。日常生活でも無意識にやっていることがあります。
この方法を取ると、静脈圧が上昇し、時に網膜の血管が破裂して網膜前出血を起こすことがあり、バルサルバ網膜症と呼ばれています。自然吸収されていくことが多いそうですが、長引く場合には手術をすることもあるそうです。

Byみさき眼科クリニック@代々木上原

PageTop