みさき眼科クリニック@代々木上原

再発性角膜上皮びらんの治療

再発性角膜びらんとは、眼に何かが入り(指や紙の端などが多いです。)角膜上皮にびらんが起き、いったん治ったあとに同じ部分の上皮がはがれてしまう病気です。原因となったびらんから数ヶ月〜数年たって起きるのと、いったん治ってしまうとわかりにくくなるため、きちんと診断されていないことも多いようです。

朝起き抜けの眼のゴロゴロする感じから激痛までの症状が時々起きていて数日で治っていること、症状がないときもよく見るとはがれる部分のフルオレセイン染色がやや異なっていることなど、から診断できます。上皮がはがれると痛みがひどいため患者さんを悩ませる病気ですが、治りかけのころにはがれやすい部分を細い針で刺激すると、はがれにくくなるということが知られています。刺激により上皮の接着が強くなるからのようです。

本当にこの治療が効果があるのかを調べた論文では35眼の経過を平均14ヶ月(3-120ヶ月)観察し、62.9%で再発がなくなり、残りの眼も再発回数が減ったと報告しています。追加治療が必要だった17%のうち多くはまたこの針による穿刺治療を受けています。(Am J Ophthalmol 2014, 157: 273-279.)
どこの眼科でも簡単にできる治療ですので、エキシマレーザーによる上皮切除術の前には何度かトライしてみてよいでしょう。

Byみさき眼科クリニック@代々木上原

スポンサーサイト

PageTop

Arms Burger アームズ ハンバーガー@代々木八幡

ちょっとお高いのですが、美味しいハンバーガーでした。今回は配達を利用しましたが、食べログでイートインの口コミを読むとワンコ連れの人が非常に多いようでこれは好き嫌い分かれるかも、ですね。
ARMS.jpg

配達のお店はお昼時とても忙しいようで電話対応もむずかしそうです。あらかじめ予約の電話をしておいて、配達時もお釣りのないようにしてあげたほうが良いでしょう。

Arms Burger アームズ ハンバーガー@代々木八幡
イートインとテイクアウトのお店
渋谷区代々木5-64-7
Tel: 03-3466-5970
営業時間: 11:00-22:30 (23:00 Close)
定休日:月

テイクアウトと配達専門の店
渋谷区富ヶ谷1-9-21
Tel: 03-3466-5974
営業時間: 11:00-22:00
年中無休
配達は2600円からとなっていますが、折り込みチラシでは特定エリアはもう少し安い値段からOKでした。

ホームページはこちら
食べログでの案内はこちら

PageTop

可逆性後頭葉白質脳症

可逆性後頭葉白質脳症=PRES(posterior reversible encephalopathy syndrome)は、主に後頭葉白質に可逆性の病変を来す疾患です。頭痛、意識障害、けいれんという症状のほか、視野障害、複視が出ることがあり、眼科受診することがあるそうです。(私はまだ経験ありません。)眼の症状の原因が分からずMRIなどの頭部画像診断で初めてわかるようです。

急激な血圧上昇、膠原病などが原因となったり、免疫抑制剤、抗がん剤の使用によるものが報告されています。血管透過性の亢進、血管内皮細胞障害が起こり、浮腫が起きる、また血管攣縮により症状が悪化すると考えられています。

Byみさき眼科クリニック@代々木上原

PageTop

花粉症は眼を冷やしたほうが楽

眼は冷やしたほうが良いのか、あたためたほうが良いのか、とよく聞かれます。ドライアイの場合にはあたためることを勧めています。まぶたの縁にある脂の分泌腺(マイボーム腺)の分泌が良くなり、涙の表面を覆う脂の層ができるからです。炎症がある場合には冷やしてもらったほうが楽でしょう。

花粉症による眼のアレルギー症状に人工涙液や冷やすことは効果があるのか、という論文が出ました。(Ophthalmology 2014, 121:72-78. )結論はアレルギーの治療薬エピナスチン(商品名アレジオン)点眼の効果が当然一番あるのですが、冷やすとより効果的であること、人工涙液の点眼と冷やすことも双方を行うと薬の点眼をしなくてもそれなりに効果がある、ということです。

眼科に来られないのにアレルギー症状が出てしまった時には、人工涙液、そして市販の抗アレルギー点眼薬を使い、冷やしてみてはどうでしょうか?

Byみさき眼科クリニック@代々木上原

PageTop

鉄板焼きjib(ジブ)@代々木上原

三鷹に本店があるそうです。
3980円のおまかせコースはリーズナブルだと思います。(色々出てくるので写真を撮っていたら、肝心のメインのお肉を撮り忘れました…。)ただ「肉をいっぱい焼いてほしーい」という人には物足りないかも。
あと鉄板焼きはホテルで、と思っているこのあたりの住民にどれだけ受け入れてもらえるかな、という気がしました。
jib1.jpg
jib2.jpg

喫煙可はちょっとつらい。

渋谷区西原3-3-1 荒木ビルB1F
Tel: 03-6416-8675
営業時間:17:00-24:00
無休
食べログでの案内はこちら

2017年6月に閉店しました。

PageTop

スギ花粉皮膚炎

スギは肌にも症状を起こします。私自身もこの症状が出ます。眼の中のかゆみはほとんどないのに、スギの時期にまぶたや頬、首にかゆみが出るのはスギに反応している可能性があります。
眼科を受診されることが多いのは、眼の回り(特に上まぶた)が蕁麻疹のように赤く腫れることがあるからです。この症状に抗アレルギーの点眼薬は効果がありません。抗ヒスタミンの飲み薬とステロイド剤の軟膏を使ってもらいます。

眼の回りの腫れは点眼薬に対するアレルギーのこともありますので、いったん良くなって目薬を再開したら症状が出た、というときには点眼を変更する必要があります。

Byみさき眼科クリニック@代々木上原

PageTop

あなたがかゆい時はみんなもかゆい。

当院に以前より通っている方たちは、毎年のように私が「花粉症が出る人は早めに治療しましょう!」と言い続けているので、本格的な花粉の飛散時期より前に受診してくださることが多くなってきています。

が、毎年花粉症の時期に症状が出るのに、ひどくなってからしか受診されない方もいらっしゃいます。あまりひどくなってしまうと、ステロイド剤の点眼を使わないと眼のかゆみは引きません。飲み薬も眠気が強いものでないとおさえられないくらいの鼻炎症状になってしまいます。そして花粉が多く飛んだ日の翌日はどこも(眼科、内科、耳鼻科、小児科)混み合う外来です。

たった一日の気象状況で患者数が変わる病気というのもなかなかないと思うのですが、ふだんは静かな当院も花粉症ピーク時には1時間以上待つことがあります。(一番混んだときには中に入れない人が出て、大体2時間待ちだったようです。)
花粉症が突然治ることはあまりないので、外来が混み合う前に受診してください。効果の出る飲み薬がわかっている方には三ヶ月分まで処方しています。

Byみさき眼科クリニック@代々木上原

PageTop

坂の上ホタル@代々木上原

最近多い洋風居酒屋です。
まだ慣れていないのか、お客さんが多いと手が足りないよう。ケークサレが出てくるまで暇がかかったのに冷たかったのはちょっと謎。
sakanoue1.jpg
sakanoue2.jpg
sakanoue3.jpg

坂の上ホタル@代々木上原
渋谷区西原3-21-1 ホタルビル2F
Tel: 03-5738-7334
営業時間:18:00-翌1:00 (L.O. 24:00)
定休日:火曜
食べログでの案内はこちら

PageTop

眼から花粉を洗い流す

花粉症の眼の症状は、花粉が眼に入って起きるものです。そのため症状が強く出る人は花粉症用のメガネが効果的です。

また、外出から帰ってきたら、手や顔を洗うと同様に眼も洗ってもらっています。その際水道水では眼の表面に傷ができてしまうのと、できれば眼の中から外に洗い流してほしいので、ソフトサンティアという防腐剤なしの生理食塩水点眼をおすすめしています。これは処方せんなしに購入できます。通常目薬は一滴で十分なのですが、この場合には洗うためなので、たくさん使ってもらって大丈夫です。

花粉はそのままではアレルギーの症状を起こさず、涙に触れ破裂することで原因物質が出てきます。生理食塩水はこの破裂をおさえることもできます。

Byみさき眼科クリニック@代々木上原

PageTop

飲み薬による急性近視

近視は成長と同時に進行していきますが、突然に近視が進むのは、ケガなどによる水晶体脱臼の他は、水晶体を囲んでいる毛様体の異常によるものです。ケガや手術後(硝子体手術や光凝固など)、ぶどう膜炎などの炎症、飲み薬が原因となります。毛様体がむくんだり毛様筋が収縮することで、水晶体の厚みが増しまた前方移動することで、近視化し隅角が狭くなります。

様々な飲み薬で起きることが報告されていて、また新しい報告も出てきていますので、何か薬を飲み始めて見え方に変化があった場合には、主治医そして眼科にご相談ください。

以下は近視化する報告がある主な飲み薬です。
利尿高圧薬:ヒドロクロロチアジド(ニュートライド)、インダバミド(ナトリックス、デナキシル)
抗菌薬:スルファメトキサゾール・トリメトプリム合剤(バクタ、バクトラミンなど)、
炭酸脱水素酵素阻害剤:アセタゾラミド(ダイアモックス)
向精神薬:カルバマゼピン(テグレトールなど)、エトスクシミド(エピレオプチマル、ザロンチン)、ブロモクリプチン(パーロデルなど)
鎮痛•抗炎症薬:アスピリン(アスピリン、サリチゾン、バファリンなど)、コデイン(コデインリン酸塩)
抗がん•免疫抑制薬:シクロフォスファミド(エンドキサン)


Byみさき眼科クリニック@代々木上原

PageTop