みさき眼科クリニック@代々木上原

年末•年始の休診のお知らせ

12月29日(月)より1月5日(月)まで休診となります。

(当院は例年1月は6日よりの診療としています。)

スポンサーサイト

PageTop

SPMとアレルギー性結膜炎

SPM(Suspended Particulate Matter)は粒子が小さい大気中の浮遊物で、呼吸器疾患やアレルギーと関係あるとされ、アレルギー性結膜炎とも関係あるのでは、と言われています。

大気中のSPMほか、オキシダント、一酸化窒素、二酸化窒素、窒素酸化物、一酸化炭素、メタン、非メタン炭化水素、全炭化水素、風速、温度、湿度と、患者数の相関を調べ、このうちSPMとオキシダントが多い日にアレルギー性結膜炎患者の受診数が多いという報告があります。

花粉症の時期には黄砂が多い日に症状が悪化する人も多く、2013年の「煙霧」の日に患者さんが多かったので、大気の状態とアレルギーは関係あるのでしょう。

Byみさき眼科クリニック@代々木上原

PageTop

免疫抑制剤点眼のプロアクティブ療法

免疫抑制剤点眼(パピロックミニ、タリムス)の登場により、ステロイドを使わずに春季カタルと呼ばれる重症アレルギー性結膜炎を治療できることが多くなりましたが、いつこの免疫抑制剤の点眼をやめて良いのかはわかっていません。(春季カタルの写真が載っている自ブログはこちら。)

プロアクティブ療法とは、アトピー性皮膚炎にタクロリムス軟膏(プロトピック)を使用していったん良くなったあと、使用回数を減らして続ける方法です。

この方法と同じように、タクロリムス(タリムス)点眼を一日2回から1回に、その後は週に2、3回と減らしても炎症の再燃がなかったという発表を学会で見ました。抗アレルギー点眼薬は続けているので完全に薬が不要になるわけではありませんが、免疫抑制剤の点眼はかなり高額なので、医療証がない年齢で春季カタルがある場合には役立つ方法と言えます。
少量ながらも免疫抑制剤を使うことで、潜在的な炎症をおさえたり、皮膚や結膜のバリアーを維持するのではと考えられています。

Byみさき眼科クリニック@代々木上原

PageTop

近視性新生血管黄斑症

強度近視の4-11%に起きるとされている脈絡膜新生血管はこれまでなかなか効果的な治療法がなかったのですが、抗VEGF抗体の硝子体注射が光線力学療法よりすぐれていることが報告されています。抗VEGF抗体であるラニビズマブ(商品名:ルセンティス)を使ったRADIANCE試験と呼ばれるものです。VEGFとはvascular endothelial growth factorの略で、新生血管をつくる物質です。それに対する抗体を使うことで新生血管が増えることを抑制する治療法です。

近視が強いと眼球が伸びることで黄斑部に出血を起こし、その後伸展によるストレスや脈絡膜が薄くなることで虚血状態になり新生血管が生じると考えられています。発症後視力が0.1以下になる率は5年で89%、 10年で96% という報告があり視力不良の原因となる可能性が高く、また片方の眼に発症したあともう片方の眼に発症するのが8年以内に30%と高率です。

新生血管ができた初期に治療をしたほうがその後良好な視力を保てるとされています。網膜に萎縮ができる前に治療を始めるのが良いのですが、単なる出血と新生血管の区別は造影検査をしないと難しいため、強度近視眼に黄斑部出血を見た場合には検査のできる施設に紹介したほうが良いようです。(通常開業医では造影検査は行っていません。)

Byみさき眼科クリニック@代々木上原

PageTop

Thygeson(タイゲソン)点状表層角膜炎

最近立て続けにこの角膜炎の患者さんが来院されました。目がゴロゴロするために涙が出てしょうがない、まぶしくて開けられない、という症状があり、他院で重症ドライアイと言われ点眼したが治らず当院が数軒目、という方たちです。写真では痛みのために反射性の涙液分泌が多く検査用の染色液があふれていますが、ドライアイでは通常涙の分泌は多くありません。
thyge.jpg

両眼に多発するフルオレセインに染色される病巣がありますが、病気の本体は角膜上皮内のアレルギー反応のため、結膜は染色されません。ドライアイは基本的に結膜上にも染色される病巣があり、そして角膜の染まり方がまったく異なります。タイゲソンでは、小さな病巣が集合しているように見えます。

低濃度のステロイド剤点眼(0.1%フルメトロン、フルオロメトロン、オドメールなど)が効果あり数週間でよくなりますが、再発が多く見られます。

Byみさき眼科クリニック@代々木上原

PageTop

Favorita da Veronica@下北沢

イタリアンワインバーです。リゾットはおいしい。
favorita1.jpg
favorita2.jpg

Favorita da Veronica@下北沢
世田谷区北沢3-30-3 北沢TTビル2階
Tel: 03-5738-2092
営業時間:12:00-23:00くらい
不定休
ホームページはこちら
食べログでの案内はこちら

PageTop

網膜静脈閉塞症

動脈硬化が進むと、固くなった血管壁が静脈を圧迫し血栓を作ることで網膜の静脈がつまってしまうことがあります。網膜静脈閉塞症と呼ばれ、約1%に起きるのでさほど珍しい病気ではありません。高血圧、動脈硬化がある人に起きやすい病気です。視力に大事な中心部の黄斑部に浮腫が起きると視力が低下します。
BRVOpre.jpg

この黄斑浮腫にはレーザーなどの治療が行われていましたが効果があまりなく、最近は新生血管を抑制するラニビズマブ(商品名:ルセンティス)、アフリベルセプト(商品名:アイリーア)という抗VEGF抗体を眼球内に注射する方法が効果をあげています。

部分的な閉塞が起きる網膜静脈分枝閉塞症は自然経過でも黄斑浮腫が改善することがありますが、中心静脈が閉塞してしまった場合には早めの治療が勧められています。治療開始後一年たってもまだ注射が必要なこともあり、経過観察が大事です。

Byみさき眼科クリニック@代々木上原

PageTop

ドライアイの目薬が効く病気いろいろ

上輪部角結膜炎(写真)
スライド4
上まぶたで隠れている部分に原因不明の炎症が起き、ゴロゴロするという異物感を訴えて受診されます。甲状腺疾患の治療をしている女性に多く見られます。染色液で染めてみると病変部位が染まり、そこの結膜が厚くなっていて、摩擦が原因と考えられています。
以前はなかなか良い治療法がなかったのですが、最近はドライアイの治療薬ムコスタ点眼の効果があることがわかってきました。これでダメならドライアイの治療に使われる涙点プラグを上涙点に入れ、それでも効果がないなら上方の結膜を切除する手術をすることもあります。

糸状(しじょう)角膜炎(写真)
スライド3
角膜上皮のまわりにムチンと結膜上皮からみつき房状になり痛みを伴います。取ってほしいと言われることが多いのですが、取っても数時間後には再発します。最近ドライアイの治療薬ムコスタ点眼が効くことがわかりました。ジクアスでは悪化するようです。

結膜弛緩(しかん)(写真)
スライド5
加齢により目の表面をおおっている結膜にはシワがよることがあり、結膜弛緩と呼ばれています。結膜弛緩があっても何も症状のない人もいれば、見えにくい、乾く、涙目になる、ゴロゴロする、など、いろいろな症状を訴えることもあります。弛緩の程度が強ければ手術で取ることもしますが、目薬でよくなることもあります。
見えにくいという症状には水分も増やすジクアス点眼
ゴロゴロするという訴えには摩擦を軽減するムコスタ点眼
という使い分けをするという話を聞きました。
時に結膜のねじれで血管が目立ち「充血が取れない」という訴えにはムコスタ点眼が効果があるようです。

ドライアイの治療用に軟膏が処方されていることがありますが、まず効果はありません。ケガがきっかけとなりその後たびたび起床時に上皮がはがれ激痛を伴う再発性上皮剥離や、まぶたを閉じることのできない兎眼には軟膏が効果ありと考えられています。

Byみさき眼科クリニック@代々木上原

PageTop

グルメナカムラ@幡ヶ谷

お肉屋さんなのですが、カツサンドが美味しいと聞き購入。
nakamura.jpg

確かに美味しい。410円とは強気かも(まい泉のカツサンド3つで422円です。)、と思ったものの、カツサンドがこの味ならお肉も美味しいだろうな、と購入予定。なかなか楽しいお店でもあります。

グルメナカムラ@幡ヶ谷
渋谷区幡ヶ谷3-2-8
Tel: 03-3378-8077
営業時間:8:00-21:00
食べログでの案内はこちら

PageTop

近視と緑内障

最近は緑内障の診断に眼底三次元画像解析(OCT)をよく使います。
OCT NFLD

視神経乳頭のまわりの神経の厚みを測って判定していますが、強度近視の場合眼軸が長いため、OCTで測定する直径が広くなり網膜が薄いという判定になってしまいがちです。最近では強度近視の人用のデータも入っている解析も行えるようになっているそうです。

強度近視の場合、緑内障でなくても視野が緑内障のようになることが多く診断に悩みます。OCTでは視神経乳頭の変化だけでなく黄斑部の解析も行い、近視の人に緑内障があるかの診断に役立つ検査となっています。緑内障の場合には黄斑部の神経節細胞が障害される、また黄斑部での解析が上下の非対称があると緑内障が疑われるというデータもあり、緑内障の早期発見にはOCTは非常に役立つものとなっています。
GCC.jpg

Byみさき眼科クリニック@代々木上原

PageTop