みさき眼科クリニック@代々木上原

Bundan@駒場東大前

日本近代文学館の中にあるブックカフェ。パンはシニフィアンシニフィエのを使っていたりして、味もまあまあのレベル。何しろ場所が場所だけに、メニューが楽しいです。(ホームページでチェックできます。)デートコースに良いかも。
bundan.jpg

Bundan@駒場東大前
目黒区駒場4-3-55
Tel: 03-6407-0554
営業時間:9:30-16:30
定休日:日•月•第四木曜
ホームページはこちら

スポンサーサイト

PageTop

真夏のドライアイ

このタイトルは以前にも使っていますが、暑いシーズンには「朝起きたら目がゴロゴロして痛い。なんだかかすむ。」という患者さんが来院されます。大体が受診するまでに軽快しているのですが、これは寝ている間に薄目を開いていて、そこにエアコンの風が当たり乾燥してできた傷が原因です。写真のように角膜の下三分の一にライン状に傷ができます。
noclago.jpg

寝ている間は涙の分泌がないので、一番乾燥する時なのです。そしてお酒を飲んで寝ると薄目を開ける人が多いようで、飲んで帰ってエアコンつけて寝て朝びっくり、という人もよく来院されます。
ここまで傷がはっきりしていなくても、「なんだか1週間前から目がしょぼしょぼする。」と言う人に聞いてみると、その頃からエアコンや扇風機を寝ている間に使うようになったと言う人が多いです。

対策は風が直接あたらないようにすることと、ドライアイの点眼薬を処方したりします。

Byみさき眼科クリニック@代々木上原

PageTop

緑内障の点眼治療

緑内障治療の基本は点眼薬です。これは一生にわたって続けていかなくてはならない薬なので、いかに目薬を続けてもらうかが治療効果をあげるポイントです。緑内障と診断された患者さんが薬を続けているかどうかを調べてみると

治療開始からの時期と薬を使っている人の%
一か月 73%
六か月 62%
一年 54%
二年 43%
というデータがあり、治療開始直後にやめてしまう人が意外に多いことがわかりあす。また点眼を忘れがちになるのも治療を開始してすぐの時期です。治療効果が自覚できない病気なので、いかに点眼を習慣化してもらうかが課題です。

点眼の種類が増えるときちんと点眼できる率は低くなりますが、長く治療を続けている人は薬の種類が多くてもちゃんと点眼できているというデータがあり、要は薬を使うことに慣れる最初の時期が肝心ということになりますね。

Byみさき眼科クリニック@代々木上原

PageTop

Kyoya Cucina Italiana (キョウヤ クチーナ イタリアーナ)@代々木上原

美味しいのですが、イタリアンというより京野菜を使ったワインバーという感じが強く、これは好き嫌い分かれると思います。食事もお酒も量が少なめなので、がっつりイタリアンを食べたいと言う人には物足りないだろうし、軽く一人一万円超えるので、高く感じてしまうかも。(写真右の白ワインはほとんど飲んでいない状態のグラスワインです。元が高いワインなのでしょうけれど…。)
kyoya1.jpg
kyoya2.jpg

パスタとティラミス(下にコーヒーのグラニテがあり、これがにくいバランス出してます。)は素敵でした。鰹がいまいちだったのが残念。
Kyoya3.jpg

Kyoya Cucina Italiana (キョウヤ クチーナ イタリアーナ)@代々木上原
渋谷区上原1-13-7 高嶋ビル1F
Tel; 03-6804-8690
営業時間18:00-24:00 (金•土は翌2:00)
定休日:日
食べログでの案内はこちら

PageTop

点眼のほうが飲み薬より効きます。

患者さんの多くが誤解しているのですが、目の治療には飲み薬より点眼、軟膏のほうが効果的です。眼科では飲み薬が出せないから目薬しか処方しない、と思っている方も多いのですが、眼科でももちろん飲み薬を出せますが必要に応じてです。

たとえばレボフロキサシンという抗菌薬を通常量飲んだ場合と0.5%の点眼をさした場合、涙の中の薬の濃度は内服で0.92μg/ml、点眼で221μg/mlと点眼のほうが薬の濃度が高くなると報告されています。角膜内や房水(目の中の水)に入り込む抗菌薬はこれほど差は出ませんが、これもまた点眼のほうが濃度は濃くなります。
角膜感染症には抗菌薬の点滴や飲み薬も使いますが、やはりまずは点眼治療です。

Byみさき眼科クリニック@代々木上原

PageTop

緑内障は早期発見が大事

全世界を調べると失明原因は白内障が多いのですが、手術で白内障を直すことができる日本での失明原因のNo. 1は緑内障です。40才以上の人を調べると5.5%に緑内障があると報告されていますが、年齢とともに病気になる率が上がっていくので70才台では10%に緑内障があります。これはかなり多い病気ということです。

が、進行するまで気づかない人が多いのは、自覚症状がほとんどないからです。進行すれば視野が欠けて見えないところが出てきますが、左右の視野の進行速度が異なり、両目で見ることによりそれぞれの見えないところを補ってしまい、見えない、という自覚につながらないのです。

早期発見には眼底写真が役立ちます。眼底写真で緑内障が疑われる、眼底写真でわかりにくい、という場合には、眼底三次元画像解析(通常OCTと呼ばれています。)が楽にできる検査です。現在病院の眼科のほとんど、また眼科開業医の半数ぐらいがこの器械を導入しています。(当院にもあります。)ドックや健診で眼底写真を撮っていないようなら、眼科で検査できますのでご相談ください。

健康診断で眼科の検査は大丈夫だった、とお話しされる患者さんの多くは労働基準法で決められた視力検査しか受けていないようです。眼底写真はフラッシュをたくまぶしい検査です。

Byみさき眼科クリニック@代々木上原

PageTop

ジョージーズキッチン@代々木八幡

「洋食」を食べたいな、というときに向いているハンバーグがあります。
joegesK.jpg

ジョージーズキッチン@代々木八幡
渋谷区元代々木町9-6
Tel: 03-6320-0061
ランチ:12:00-15:00 (土•日•月•火)
ディナー:18:00-26:00 (平日)17:00-23:00(日•祝)
定休日:水
Facebookはこちら
食べログでの案内はこちら

閉店しました。

PageTop

角膜上皮と基底膜

黒目の表面をおおう角膜は基底膜の上に上皮細胞が層を作っています。この上皮細胞と基底膜がいったんはがれると治ったあとも接着不良になることがあり、朝起き抜けに上皮がべろんとはがれてしまうことが何度も起きる「再発性上皮剥離」になります。目に指が入った、紙の端が目に入ったなど、本人が記憶にないようなケガがきっかけなのですが、起床時の激痛、前にもなったことがある、という話からだいたい診断がつき、いったん症状がおさまったあとも接着が弱いところは染色すると見えます。寝ている間は涙が出ていないので朝が一番乾燥する状態であり、そのために朝に起きます。角膜を専門にしている眼科医であれば見逃すことは少ないのですが、意外に診断がつかずに相談にいらっしゃる患者さんも多いです。

この基底膜がやや凸になり、涙がそこにうまく乗らないため、ゴロゴロする不快感を訴えることもあります。原因は不明ですが、これもまた色素で染めてよく見ないと涙の不均一な状態がわからないので診断がつかないことが多いようです。軟膏を入れることで軽快します。

Byみさき眼科クリニック@代々木上原

PageTop

疲れ目は見えすぎているからかも

「目が疲れる」という訴えの患者さんに視力検査をしようとすると「良く見えているから検査は必要ありません。」と断る方がいらっしゃるのですが、よく見えているからこそ目が疲れている可能性があります。

見ようとするときに目はピントを合わせていますが、そのピント合わせの力が強く必要なとき、そしてそれが長く続くときに疲れてしまいます。遠視の方は子どものころ視力が良いので、良く見えていることが目の疲れの原因とは気づかないことが多いのですが、遠視の目は遠くを見るときも近くを見るときも常にピント合わせをしています。特に近くを見るときには強くピント合わせをしないと見えません。子どものころはこのピント合わせの力がとても強いので目の疲れを感じないのですが、年齢とともにこのピント合わせの力がなくなっていき、まずは近くを見るために老眼鏡が必要となり、度数によっては遠くを見るのにもメガネが必要となります。

良く見えていた時期があるので、メガネをかけることに抵抗する方が多いのですが、目の疲れはメガネで解決する場合も多いのです。

Byみさき眼科クリニック@代々木上原


PageTop

ペルラヴィータ十号坂@笹塚

よーく見ないと奥に食事スペースがあるのがわからないイタリアン。
季節限定アメリカンチェリーの冷製パスタがあると知り行ってみたのですが、うーんちょっとびみょー。なぜシソの味がするのかしら…?? ミモレットのカルボナーラはソースは美味しかったのですが、パスタのゆで方が中途半端でした。
perla1.jpg
perla2.jpg
perla3.jpg

スップリ(アランチーニ)や生ハムはとっても美味しかったし、こんなに丁寧に作ったティラミスは初めて食べたのですが、料理のレベルがバラバラで不思議。

あとサンフォコンのワインに慣れてしまったせいか、イタリアンワインが美味しく感じられない…。
販売で売っていたお菓子が美味しくなかったのは残念。もっと美味しいヌガーはあるはず。

ペルラヴィータ十号坂@笹塚
渋谷区笹塚3-17-3 つるやビル1F
Tel: 03-5309-2557
営業時間:18:00-25:00 (日•祝は23:00まで)土•日•祝はランチもあり12:00-14:30
定休日:火曜、水曜 (販売は定休日なし)

食べログでの案内はこちら
営業時間が不規則なようです。Facebookで確認を。

PageTop