みさき眼科クリニック@代々木上原

その自信はどこから…?

先日「ものもらい」で受診した50代の患者さんは一度も眼圧や眼底写真を撮ったことがない、というので、おすすめしたところ
「病気にはならない自信があるので大丈夫です。」
とお断りされました。

残念ながら自信があっても病気になるときはなります。

病気は症状が出てから治療すれば良いもの、予防したほうが良いもの、早期発見できれば治療の可能性が高くなるなら早めに検査で見つけたほうが良いもの、といろいろあります。眼科領域では緑内障が早期発見を必要とする病気です。

40
才以上の5%以上に見られる緑内障ですが(40才未満に起きないわけではなく、大規模調査が40才以上だったためのデータです。)、視野が欠けて自覚症状が出るのはかなり進行してからのため、眼底写真で早期発見する必要があります。

健診として眼底写真を撮っている他科の診療所があるようですが、基本的に動脈硬化などのチェックにとどまります。緑内障を見つけるには、眼底写真を眼科医がチェックするか、眼科で眼底写真を撮る必要があります。(写真が撮れない場合や写真で判定が難しい場合には他の検査も行います。)なお労働基準法による職場の健康診断は視力検査のみですので、これで目は大丈夫とは言えません。


Byみさき眼科クリニック@代々木上原

スポンサーサイト

PageTop

HOFF(ホフ)@幡ヶ谷

なーんにもお店がないような道にぽつんとあるカフェレストランです。私は「カフェ」と名がつくものでもう一度行こうと思ったのは「カフェデュボワ」だけなのですが(それは「カフェ」とは名がつくものの、きちんとしたレストランだから。日本の「カフェ」は文化祭の延長みたいなのが多くて嫌いなのです。)、ここはなんだかとっても居心地の良いお店で、またちがったメニューを試したいと思いました。
Hoff
店内ペット可のようです。

HOFF(ホフ)@幡ヶ谷
渋谷区初台2-11-11 ステータスヒル初台1F
Tel: 03-6276-0133
営業時間:11:00-26:00
年中無休

食べログでの案内は
こちら
お店のFacebookこちら


PageTop

シェーグレン症候群

中年女性に多い、ドライアイ(目の乾き)とドライマウス(口の乾き)が見られる自己免疫疾患で、時に全身の症状も伴います。

1999
年に厚生省の診断基準が改定され、
1)唇の唾液腺にリンパ球浸潤がある
。(生検と呼ばれる唇の一部を切って行う検査が必要です。)
2)唾液分泌量の低下が検査で証明される
。
3)ドライアイがある。(涙の分泌量の低下、目の表面の傷の染色を行います。)
4)血液中の抗SSA抗体か抗SSB抗体が陽性である
この4項目の中で2項目以上が陽性であればシェーグレン症候群と診断されます。

 

眼科に最初に来て診断がつく患者さんより、他科から「目の症状もないでしょうか」と紹介されることが多いようなのですが、眼科でのドライアイの診断は痛みを伴わないため、シェーグレン疑いの場合眼科の診察と採血だけで確定診断がつくと患者さんは唇の生検を行わないですみます。

シェーグレン症候群は東京都でのみ難病に認定されていますが、この場合採血で抗SS-B抗体が陽性であることが必要です。抗SS-A抗体のほうが陽性となる率が高いのですが、この抗体はシェーグレン以外の病気でも陽性になることがあるため、疾患特異性が高い抗SS-B抗体のほうが条件に入っているようです。(SS-Bだけが陽性になることは少なく、双方が陽性で出ることがほとんどです。)


Byみさき眼科クリニック@代々木上原

PageTop

抗がん剤による目の副作用

以前にもいくつかあげていますが追加もあり、自分の覚書としてもあげておきます。


商品名(一般名)


グリベック(イマチニブ):慢性骨髄性白血病とGIST(消化管間質腫瘍)に使われ、まぶたにむくみを起こすことが多いと報告されています。薬を中止する必要はなく、ステロイド剤点眼、利尿剤の効果があるそうです。

キロサイド(シタラビン):白血病で大量投与した数日後に角膜上皮障害が起きることがあり、ステロイド剤点眼がこの作用を抑える作用があるため治療プロトコールに入っているところも多いそうです。人工涙液を点眼して涙の中の薬物濃度を低くすることも効果があります。

TS-1
:投与後3ヶ月くらいで自覚症状が出てきます。角膜上皮障害による視力低下は、休薬しないと治りません。(当院の症例写真ありのブログはこちら。)涙小管狭窄あるいは閉塞による流涙(涙があふれてしまうこと)は、早めに涙にチューブ留置をする必要があります。


タルセバ(エルロチニブ):角膜上皮障害を起こします。休薬が必要ですが、角膜を保護する点眼はある程度の効果があるとされています。

アブラキサン(パクリタキセル):黄斑浮腫のために視力低下が起きることがあります。休薬が必要です。

ノルバデックス、タスオミン(タモキシフェン):長期大量使用で黄斑浮腫、網膜のクリスタリン沈着、静脈炎が起きることがあり、視力低下、色覚異常が生じます。休薬が必要です。

Byみさき眼科クリニック@代々木上原

静岡県立がんセンターが患者さんへの説明としてまとめたページがあります。冊子のダウンロードもできます。こちら

PageTop

ナタ•デ•クリスチアノ@代々木八幡

ポルトガル料理クリスチアノが近くに出したエッグタルトのお店です。椅子があるので店内で食べることもできますが、テイクアウト店と思ってもらってよいでしょう。

Nata
これ美味しいです。駅近くにあったら、焼きたてを買いにちょくちょく寄るだろうなあ、という味でした。
ひとつ200円。


ナタ
クリスチアノ@代々木八幡
渋谷区富ヶ谷1-14-16-103
Tel: 03-6804-9723
営業時間:10:00-19:30
定休日:月
ホームページはこちら
食べログでの案内はこちら

PageTop

母乳でなくて大丈夫です。

お母さんたちによく聞かれますが、子どもの点眼に母乳が良い、ということはありません。目やにについては大抵は抗菌薬点眼が効果をあげます。睫毛が入ってしまったときに母乳で洗い流したい、とも言われますが、睫毛は自然に目の外に出ることが多いですし、わざわざ母乳を搾乳して点眼しなくても、市販されている目薬で大丈夫です。洗うという目的であれば、生理食塩水の点眼であるソフトサンティアは処方せんなしに買えますので便利です。


Byみさき眼科クリニック@代々木上原


PageTop

角膜変性症と点眼薬の防腐剤

点眼薬に含まれる代表的な防腐剤の塩化ベンザルコニウムは濃度が高いほど角膜や結膜に毒性があることがよく知られています。防腐剤の効果があれば薄い濃度のほうが良いと考えられているのですが、角膜変性症には薄いほうが悪影響を及ぼす可能性あり、という論文があります。

角膜変性症という遺伝によって起きる角膜の濁りの病気はタンパク質が固まることによって起きます。この病気の実験モデルで、高い濃度の塩化ベンザルコニウムはペプチドの変化を起こさなかったのに対し、低い濃度ではペプチドの異常凝集が起きています。点眼後は涙で防腐剤の濃度が薄まりますので、塩化ベンザルコニウムを含む点眼で角膜変性症が悪化する可能性があるわけです。


最近は塩化ベンザルコニウムと異なる防腐剤を使った点眼、あるいは防腐剤なしで使えるフィルターつきの点眼もあり、角膜変性症に対してはこのあたりも考慮すべきかもしれません。


Byみさき眼科クリニック@代々木上原


PageTop

Sunday Bake Shop@初台

ここのお菓子大好きだと判明。焼き菓子って家庭でもできるため、売っているものが手抜き感満載に思えるときが多いのですが、ここのはきちんと丁寧に作ってあります。焼き菓子が好きならばぜひお試しを!ちょっと不便なところにありますが、常連さんも多いようで一組3000-5000円お買い上げでした。

Sunday_bake

名前のとおり日曜日にしかやっていません。サンドイッチやスープ、暖かい飲み物もあります。(が、混んでいるときは焼き菓子だけの注文にしたほうが待たない感じでした。)今回クリスマスイベントの日に行ってしまったので、45分ほど外で待つことになってしまいました…。でも待っている人が皆楽しそうなのと、お店の人も楽しく仕事をしているのがとっても良かったです。


Sunday Bake Shop
@初台
渋谷区本町2-28-5
営業時間:日曜日9時から19時(クリスマスの時など変更になるので、ブログを参照されたほうが良いです。こちら。)
ホームページはこちら

PageTop

カラーコンタクトレンズの品質

カラーコンタクトレンズによるトラブルで眼科を受診される患者さんは、度なしレンズを使っている場合が多く、ほとんどが雑貨屋で購入されていると私は感じているのですが、厚生労働省の認可を受けているレンズであっても品質に問題あり、という報告があります。

コンタクトレンズ学会の報告ダイジェストより:
角膜にむくみを起こさないとされている透過率より酸素透過性が悪いカラーレンズが多く、また、こすることによって色落ちするレンズがあります。通常のレンズケアではおこなわないような強い摩擦によって色落ちする報告ではありますが、色落ちしたあとのレンズの表面がでこぼこになってしまうそうです。目の中に入れるレンズにこのような状態が起きるのは問題と言えます。

当院はコンタクトレンズ処方をしていないこともあり、レンズトラブルで受診される方はとても少ないのですが、レンズの不調を感じた人は処方された眼科ではないところへ相談に行く傾向があるという報告もあり、レンズ使用による不調を訴えて受診された患者さんには、どのレンズを使っていたのか確認する必要がありますね。自分が使っているレンズの種類を知らない人も多いのですが…。

Byみさき眼科クリニック@代々木上原


PageTop