みさき眼科クリニック@代々木上原

涙点閉塞(涙目の原因)

涙点(るいてん)はまぶたの鼻側に上下ある穴で、ここから涙は鼻に流れていきます。時にこの穴が塞がってしまい、涙目になる方がいます。写真は以前にもブログに載せましたが、下の涙点は穴がありますが上は塞がってしまっています。

Lpunctum
プールでよく泳ぐ方に見られたり(塩素の影響と考えられています。)、抗がん剤TS-1の副作用で起きたり、うつりやすい結膜炎「はやり目」(正式名:流行性角結膜炎)の後に見られることもあります。
表面だけ閉じている場合には簡単に切開で再開通しますので、まずはご相談ください。

Byみさき眼科クリニック@代々木上原


スポンサーサイト

PageTop

近視の進行防止その2

近視の進行をおさえる眼鏡は二つの種類の報告があります。


1 累進屈折力レンズ (0.20D/年抑制。最近の報告では0.14D/年)

いわゆる遠近両用眼鏡の一種です。近くを見るときの焦点ずれにより眼球が長くなるために近視が進行する、なので焦点ずれを眼鏡により減らそう、という理論です。

2 軸外収差抑制レンズ(近視進行予防眼鏡)(0.29D/年抑制)近視とはカメラのフィルムにあたる網膜より手前にピントがあうために見えにくくなる状態です。が、これは正面から入る光についてのピントの話であり、周辺部分から入る映像は、近視の眼球がラグビーボール状になっているため、網膜より後ろに合っています。
このずれを修正するために眼球の軸がのびるのが近視の進行ではないかという理論に基づき、網膜周辺部のずれを補正した眼鏡が軸外収差抑制レンズです。
通常の累進レンズは上下で度数が徐々に変わりますが、このレンズは全方向に累進加入を持っています。現在治験中。同じ理論でコンタクトレンズもあるそうです。
オルソケラトロジーという、寝ている間につけて近視を治すハードコンタクトレンズは同じような効果があり、近視進行予防は約0.30D/年と報告されています。が、日本ではこのレンズは未成年への認可がおりていません。

よく「弱い眼鏡のほうが近視は進まない」「眼鏡をかけると近視が進む」と保護者の方に言われるのですが、きちんと矯正した眼鏡は弱い眼鏡にくらべて近視の進行を0.15D/年抑制するという報告があります。今の段階でできることは、合った眼鏡をかける、積極的に屋外でスポーツをする、ということが近視予防策としては現実的であると思います。眼鏡をかけているお子さんの視力検査が一年に一回だったり、ひどいと数年眼科を受診していない、ということがあります。せめて学校が長い休みに入るときに眼鏡が合っているか検査にいらしてください。

Byみさき眼科クリニック@代々木上原


PageTop

たけ虎@幡ヶ谷

一番安い「たけ虎ラーメン」にしたのですが、なんというかとっても当たり前のラーメンでおいしかったです。きっといろいろ乗せないほうが私の好みなのかも。

Taketora
たけ虎@幡ヶ谷
渋谷区幡ヶ谷1-32-1
Tel: 03-3465-6372
営業時間:現在お昼のみ
定休日:日

食べログでの案内はこちら


PageTop

近視の進行防止その1

近視の原因は遺伝と環境と言われています。両親が近視でない場合にくらべると、両親とも近視の子どもは近視になるリスクが8倍高く、片親のみが近視の子どもは2倍高い、と報告されています。環境としては、都市部に住む子どもで、近くを見ることが多いと近視の進行が早くなるのですが、学歴やIQが高くても進行が早いとされています。勉強する子どもが近視になる、という昔からのイメージではデータでも証明されているのですね。スポーツなど屋外活動で近視の進行は抑制されるとも言われています。

 

成人するまで近視は進行しますが、その進行をおさえられないだろうか、といろいろ研究されています。「近視を治す」と言うと、今ある近視を治すと誤解する保護者の方も多いのですが、「進行を予防する」という治療になります。説明の中に出てくる「D」はDiopter(ジオプター)というレンズ屈折度の単位で、これが大きければ近視の進行がより抑制できるということです。

 

昔からよく使われるトロピカミド(ミドリンMなど)は、近視進行予防には効果がないようです。手元にピントが合ってしまい、見かけ上近視のようになっている場合には効果があるのかもしれませんが…。当院では大人の眼精疲労に処方するほうが多いです。

 

アトロピン点眼では近視進行を平均0.80D/年抑制できると報告されていますが、使用中に1割くらいが脱落しています。瞳がずっとひらいた状態になるため、見えにくい、まぶしいという状態になること、そして薬にアレルギーを起こすことが原因のようです。乳幼児に使うと、瞳が開くことで見え方の質が悪くなり、弱視の可能性もあると報告されています。

次回は近視の進行防止眼鏡の話です。

Byみさき眼科クリニック@代々木上原


PageTop

子どもの診察

「子どもですが、(診察)大丈夫でしょうか?」
とよく聞かれるのですが、眼科は内科・小児科のちがいがありません。もちろん、より進んだ治療が必要な場合には子ども専門の眼科に紹介していますが、子どもだから診察ができない、ということは当院ではありません。

目やにが出る、という場合の診察は、検査がないので時間がかかりません。予約も必要ありませんので、診療時間内にお越しくだされば大丈夫です。

Byみさき眼科クリニック@代々木上原


PageTop

ル・デパール@代々木上原

新しいお店も増えた代々木上原の中では老舗になりつつあるワインバーです。

Depart1Depart2
夕飯に、どこかで飲んだ後に、カップルで、グループで、といろいろなシチュエーションのお客さんたちでした。お肉はおいしかったのですが、野菜がちょっと残念だったかも。

ル・デパール@代々木上原
渋谷区上原1-36-15
Tel: 03-3468-6228
営業時間:19:00-24:00
定休日:日
食べログでの案内はこちら



PageTop

コンタクトレンズによるドライアイ

目の表面はムチンという粘液で守られています。このムチンは表面にあるとともに、涙の層にもあり、まばたきがスムーズにいくような潤滑油の働きもあります。

コンタクトレンズを目に入れると、レンズの表面にある涙の層は薄くなりますし、レンズの表面には当然ムチンのような粘液がありません。ということは、涙が少ない、ムチンも少ない、というドライアイの症状になっているわけです。まぶたとの摩擦も起きてゴロゴロする感じが出ます。ドライアイの治療薬であるムコスタ点眼やジクアス点眼はコンタクトレンズによるドライアイにも効果が出ますので、試してみる価値はあると思います。

Byみさき眼科クリニック@代々木上原
 

PageTop

まぶたの手術後の乾燥感

二重まぶたの手術後に乾きを訴える方は結構来院されます。目が閉じなくなるくらいしっかり縫ってある場合の乾燥感はわかりますが(結構そういう手術はあります。)、閉じているのに乾燥するのはどうして起こるのだろうと思っていました。

これはまぶたの皮膚だけを若返らせて、目の中の結膜(目の表面をおおっている粘膜です。)はそのままというアンバランスが起きてしまい、まぶたと目の表面の摩擦が増えるからでは、と京都府立の横井先生が説明していました。そういう原因であれば、新しいドライアイの治療薬のムコスタやジクアスの効果が出そうですね。

Byみさき眼科クリニック@代々木上原
 

PageTop

Home Bar Majoly@代々木上原

ラクレットがメインのお店のようですが、ランチタイムだったのでカチャトラプレート。(チキンのトマト煮込み。イタリア語です。)

Cacciatora

そしてケーキ。ケーキはミニサイズでコーヒーがついて1250円。

Cakemajo
フロアスタッフが慣れるまで時間がかかりそうですね。


Home Bar Majoly
@代々木上原
渋谷区上原1-17-7-2F
Tel: 03-5790-9543
ランチ: 11:30-15:00
カフェ: 15:00-17:00
ディナー: 17:00-24:00(この後2時までバー。平日は23時まで。)
お店のFacebookこちら



PageTop

眼科豆知識クイズの答え

院内で配布しているクイズの解答です。

1 40才以上の5.7%に緑内障がある。
「多治見スタディ」という大規模な調査で判明したデータです。17人に一人が緑内障、つまりクラスに二人はいる、という計算になります。決して珍しい病気ではありませんが、かなり進行するまで症状はなく、またほとんどが眼圧の上がらない緑内障です。眼底写真が早期発見に役立ちますし、写真はすぐに撮ることができます。
40才を過ぎたなら、年に一回は眼科での検査をおすすめします。

2 5秒間目を開いていられないと、ドライアイの可能性大。
ドライアイは涙が少なくなる場合と、涙が不安定になり目を開いていられない場合があります。「目が乾く」というだけでなく、ごろごろする、見えにくい、充血、疲れる、などさまざまな症状があります。目の不調を感じたらドライアイかもしれません。簡単に診断できますので、ご相談ください。

3 スギ花粉症は1月末より治療を始めると効果的。
実際に花粉が飛ぶ2週間前より点眼・点鼻治療を始めたほうが症状は軽くなり、症状の出る時期を遅くできます。花粉症の最盛期には医療機関はとても混雑します。早めに薬をもらっておくことをおすすめします。今年2013年の夏は猛暑だったため、2014年の花粉の飛ぶ量は多いと予測されます。当院では点鼻スプレー、飲み薬の処方(7歳以上)もしています。またアレルギーの原因を調べる採血もおこなっています。

4 老眼は70才くらいまで進む。
40才前後から始まる老眼は70才くらいまで進みます。メガネは2,3年おきに度を変えることをおすすめします。

5 白内障は100%の人がなる。
老化現象による白内障はすべての方がなります。が、手術をする時期は個人差があります。日常生活に困るようになったら手術を考えましょう。白内障以外の病気がないかを眼科でチェックする必要はありますし、車の免許がある場合は視力のチェックも毎年受けましょう。免許の更新に行って見えないことに気付く方も多いのです。

番外 「ねこの病院」では狂犬病の予防注射もやっています。
詳しくは電話03-5453-6314でおたずねください。

PageTop