みさき眼科クリニック@代々木上原

涙点プラグは万能ではない

「ソフトサンティアが効かなかったからプラグを入れてほしい。」
と来院される方がありますが、診察してみると原因は他にあることが多いのです。

よくあるのは、コンタクトレンズの使い方が間違っている、という方です。(ワンデーを何回も使う、何日もいれっぱなし、定期交換型のレンズを良く洗わずに使っている、などなど。)

どうも涙点プラグを入れることにより、目薬をすることから開放され、コンタクトレンズを無理な使い方をしても大丈夫、と思っているような感じなのですが、涙点プラグは重症ドライアイのための治療です。コンタクトレンズを正しく使い、ドライアイ用の目薬を使っても改善しない症状があるときに入れるものです。

Byみさき眼科クリニック@代々木上原

スポンサーサイト

PageTop

Atelier de Marアトリエ・ド・マー@初台

初台の駅すぐ、商店街にあるタルト専門店です。
Mar

実はフルーツがそのまま乗っているタルトがあまり好きではないので(美味しいフルーツはそのまま食べたい派です。)、選んだのはマロンタルトとサクランボのタルト(これは焼きこんであるので好きなタイプ)。これで880円だったかな。

丁寧に作ってあります。もうちょっと便利な場所にあれば通いたい味でした。わざわざ行こうというだけの魅力にちょっと欠けるのですが、ここの商店街はなかなか元気そうなのでお客さんも来てくれると思います。
プリンも買えばよかった。

Atelier de Marアトリエ・ド・マー@初台
渋谷区初台1-39-11
Tel: 03-5351-1622
営業時間: 12:00〜 (商品なくなり次第閉店)
定休日:月曜(祝日の場合翌日)。月に一度、月火の連休あり。

食べログでの案内はこちら

お店のブログはこちら。ツイッターはこちら
ホームページはないようです。

PageTop

コンタクトレンズが入っていますが…

当院ではコンタクトレンズを処方していないので、コンタクトレンズ処方の患者さんが多い先輩開業医のところでの話ですが、診察時に
「コンタクトレンズが入っていますが、大丈夫ですか?」
とよく聞かれます。

レンズ処方のための診察なのでレンズが入っている方がほとんどですが、なぜそういう質問が出るのかな、と思っていたところ
「レンズが入っていれば何もわからないのに、なぜ診察してお金を取るんですか?」
と言われて、
ああ! そういうことか、とわかりました。

確かにソフトレンズが入っていれば染色して目に傷があるかどうかを診ることはできませんし、ドライアイがあるかどうかもわかりません。が、レンズを使用されていて、アレルギーなどの炎症がないかはチェックが必要ですし、はっきりした角膜の傷はソフトレンズの上からでもわかります。あっていないレンズによるトラブルが出ているかもチェックしています。要はコンタクトレンズによる問題が生じていないかはわかる、ということです。

ただし、何らかの不調の症状があり、レンズが入ったままでの状態では判断がむずかしい場合には、はずしていただき、レンズなしでの視力検査や眼圧測定、染色しての診察をおすすめしています。コンタクトレンズを扱っている眼科では、ワンデータイプのレンズをはずした診察後にお渡しできるレンズもありますが、当院のようにコンタクト処方をしていない眼科ではレンズの在庫がありません。目の調子が悪い場合には、コンタクトレンズをはずして行くか、替えのレンズ、メガネをお持ちください。

たまに「ワンデータイプのレンズですが、すすいで入れますから大丈夫です。洗浄液ありますか?」と言われますが、ワンデータイプの使い捨てコンタクトレンズは一度目から出したあとは入れてはいけません。

Byみさき眼科クリニック@代々木上原

PageTop

ミュンヒハウゼン症候群

回りの人の感心や同情をひくために、病気のふりをしたり、自らを傷つける行動が見られる症候群です。「代理ミュンヒハウゼン症候群」では主に自分の子どもを傷つけます。以前にニュースで話題になったこともありますね。

眼科でもこの症候群はあります。大体が刺激性の点眼薬を使い続け、角膜上皮障害を起こして来院します。入院してもその点眼薬を隠し持っていることが多いので、診断に苦労することもありますが、「代理」の場合には配偶者や恋人が点眼薬の中身をすり替えていることが多いため、入院で劇的に良くなります。開業医で診ることはあまりありませんが、それほど珍しくない症候群です。

刺激性の点眼薬で使われることが多いのは、点眼麻酔薬(ベノキシール)です。この点眼はしょっちゅう使っていると角膜上皮障害が起きることで有名です。何らかの原因があって痛みをがまんできない患者さんが処方を希望されることがありますが、きちんとした眼科であれば渡したり、処方することはまずありません。

Byみさき眼科クリニック@代々木上原

PageTop

Tiaras(ティアラス)cafe&shop@代々木上原

パリに本店があるMaison de Familleの品を主体とした雑貨・家具のお店とカフェが一緒になっています。
写真はランチのキッシュとスープ。ケーキの持ち帰りできます。

この立地でやっていけるのかなあ、という住宅街の中なのですが、セミナーやイベントをやるそうなので、それには静かでいいかもしれませんね。

ティアラス カフェ&ショップ
@代々木上原
東京都渋谷区大山町42-15 フォレストアレイ大山103

TEL:03-5454-3172

営業時間 11:00~18:30(L.O.)

ランチは11:30-14:30(L.O.)
定休日 月曜日・祝日

ホームページはこちら

2015年3月閉店しました。

201202041339000

PageTop

高眼圧症

緑内障とは、眼から脳につながる神経が死んでいき視野が欠けてくる病気ですが、眼圧が上がることがひとつの原因とされています。ただ、眼圧が上がらないタイプの緑内障が日本人には多いのと、眼圧が高めであっても緑内障になるとは限らないので、なかなか理解しにくい病気です。

眼圧が高く、そして視神経に緑内障の変化がない場合には、まずは定期的に経過を追います。診察時に眼圧を測り、眼底写真を撮り、必要に応じて追加の検査を行います。眼圧を下げる目薬での治療を開始するかはいろいろ意見がありますが、定期検査に通えるような方であれば、点眼治療をしないことが多いと思います。点眼を使うにしても、まずは1種類で、ということになります。

眼圧を下げる目薬は現在かなりの種類があり、以前より副作用も少なくなっています。が、それでもやはり目の表面の傷ができやすい場合があります。他院で処方された薬の相談を受けることも多いのですが、視神経に緑内障の変化がなく、眼圧が高いだけであれば、2種類以上の点眼を使う必要はないでしょう。また非接触型の眼圧計(風が出る眼圧計です。)では高く計測されることがあり(まばたきをしてしまう、などが原因です。)、このデータだけで治療を開始することはまずありません。

Byみさき眼科クリニック@代々木上原

PageTop

閉瞼不全

寝ているときに薄目を開けていて、目が乾燥し、朝起き抜けに目が痛くなってしまう「就寝時開瞼」について以前書きましたが(こちら)、日中起きているときも瞬きがしっかりできていない人がいます。まばたきにより涙は目の表面に広がるため、しっかり閉じていないと目が乾いてしまいます。夜に薄目を開いて寝ていることは家族に指摘されて知っていても、日中にまばたきが浅いことには気づいていない方も多いようです。

もし目が乾くなら、まずはしっかりと閉じてみてください。特にパソコン使用中はどうしても瞬きの回数が減るため目は乾きがちです。時々意識的にぎゅっと閉じるのは安上がりな治療方法でもあります。

Byみさき眼科クリニック@代々木上原

PageTop

Maison Cinquante Cinq (メゾンサンカントサンク)@代々木上原

以前に記事にしたアトリエベックの上にあるフレンチビストロです。
2012040418360000
とってもおいしかったです。前菜盛り合わせ、サラダニソワーズ、せせらぎ豚の赤ワイン煮、という割合普通の料理にしたのですが、野菜がおいしいのにうちのスタッフ(♀)が感動。普段あまり食べないニンジンも喜んで食べていました。ジャガイモが甘いのにびっくり。
2012040418550001


2012040419150000
パンもおいしくお代わりOKなので喜んで食べていたら、食べ過ぎました…。でも、デザートにパウンドケーキ+アイス、という無謀なことを。
2012040419500000
お値段もリーズナブルで大満足でした。唯一の欠点は、というと、階段が急なことです。高齢者には無理かも。(あとはトイレの便座が冷たいのにびっくりしたくらい。)
これはまた1階のアトリエベックでお惣菜+パン+ケーキを買わなくては! テイクアウトしてワインを持って、どこかに行きたくなります。

追記:後日テイクアウトしたのですが、お店で食べたのとちょっと味がちがう感じでした。気のせいかしら…。特にラタトゥユの塩味が強いのが気になりました。

Maison Cinquante Cinq (メゾンサンカントサンク)@代々木上原
渋谷区西原3-5-1 2F
Tel: 03-5454-5631
ランチ(土・日・祝)11:30-15:00
ディナー(火—日・祝)18:00-26:00 (L.O. 25:00)
定休日:月 (月曜が祝日の場合は営業し、火曜が休み)
ホームページはこちら

PageTop

その目の充血はうつる結膜炎?

花粉症もそろそろ下火になりつつありますが、この時期花粉症の患者さんにまじってウイルス性結膜炎の患者さんが受診され、時に診断に悩むことがあります。花粉症であれば人にうつす心配はありませんが、ウイルスによる流行性角結膜炎は非常にうつりやすく、学校などは休む必要があるからです。

以前にも自ブログ「花粉症?はやり目?」という記事を書いていますが、診断に私が悩む場合、そしてアレルギーだろうと私が診断しても、今年から花粉症の症状が突然出たために患者さんが納得いかない場合、お孫さんを家に呼ぶのに結膜炎をうつしてしまっては、と心配な場合などは検査をおすすめしています。

アレルギーの検査は涙を濾紙に吸い取って行うもの、ウイルスの検査は結膜をこすって行うもので、3割負担の方でアレルギーの涙の検査は400円、アデノウイルスの検査は1000円ちょっとかかります。状況に応じてどちらかの検査、あるいは両方おすすめしています。ただし、どちらも乳幼児には無理なことがあります。涙を集めるのにちょっと時間がかかるのでじっとしていられない、目の表面を触るウイルス検査は怖がってできないからです。

Byみさき眼科クリニック@代々木上原

PageTop

子どものメガネ

子どもは近眼が進むんだからメガネをいま作ってもしょうがない、近眼の進行が止まる大人になってから作ればいい、と言う保護者の方がいらっしゃいました。まあ、一理あるとは思いますが、学校の授業中に見えない、というのは本人が結構困ります。学校に通っていなくてもヒトが得る情報のほとんどは視覚から入ってきていますので、「見える」というのは大事なことです。

成長期に近眼の度は変わっていきますので、その時点であったメガネが必要です。せめて学校が長い休みに入る、春休み、夏休み、冬休みには、メガネでの視力をチェックするため眼科を受診してください。

新しくメガネの処方せんをもらったら、一か月以内に作ってください。何か月も待っていると、その間に度が変わってしまうこともあります。半年以上前の処方せんでメガネを作って合わない、と相談されたことがありますが、そういう処方をするメガネ屋さんはどうかと思います。

Byみさき眼科クリニック@代々木上原

PageTop