みさき眼科クリニック@代々木上原

コンタクトレンズをしたままではドライアイは診断できない。

ドライアイの診断にはフルオレセイン染色などの液で涙や目の表面を染める必要があります。この染色液はソフトレンズも染めてしまうため、診察時にはコンタクトレンズをはずしてもらっています。ハードレンズは染まらないのですが、ドライアイの状態を見るためには、やはりはずしていただいたほうが良いでしょう。

コンタクトレンズをつけたまま来院される患者さんの中に「いつもの眼科ではレンズははずさないで診察できたのに、どうしてですか?」と言われる方がいらっしゃるのですが、レンズの定期検査の場合にはつけたままの診察を行います。ドライアイのご相談にいらっしゃる場合には、できればメガネで来院されたほうが良いでしょう。

Byみさき眼科クリニック@代々木上原

スポンサーサイト

PageTop

台湾料理 麗郷(れいきょう)@代々木八幡

腸詰め(中華風ソーセージ)、シジミはネットでもおすすめしている人が多いようにとっても美味しかったです。鶏の唐揚げも下味がしっかりついていて、これはビールがすすんでしまう中華ですね。酢豚もそうですが、鶏も骨つきです。だから美味しいとも言えますが、ちょっと注意。
201111161831000
平日行ったのですが、帰るころには満席でした。一方帰り道の代々木八幡駅までの道沿いのお店はどこも閑古鳥が…。お客さんは正直。香港を思い出すような活気のあるお店で、おすすめです。

台湾料理 麗郷(れいきょう)@代々木八幡
渋谷区富ヶ谷1-14-18 ハウス池田101
Tel: 03-3485-3052
営業時間:11:30-14:30 17:00-23:30
定休日:月
ホームページはこちら

PageTop

「年だから」とあきらめない。

70歳前後からの高齢患者さんが白内障のために視力低下しているときに手術をおすすめすると
「もう年だからいいよ。」
と言われることが結構多いのですが、これは手術の時期が来ていればお元気なうちに受けておいたほうが良いと思います。認知症がすすんだために白内障の手術がむずかしくなる、ということがあるからです。

人が得る情報のほとんどは視覚から入ってきていると言われています。将来体の自由がきかなくなっても、目が見えればテレビも楽しめます。最近の白内障手術は患者さんの負担が少なくなり、100歳近い方でも日帰り手術が可能な場合があります。白内障の手術をする時期や手術をおこなう施設についてはご相談ください。

Byみさき眼科クリニック@代々木上原

PageTop

すべての「目やに」に効く目薬はない。

ネットで検索して当院のブログにやってくる方のキーワードを見ていると、「目やに」に効果のある目薬を探している場合が結構あります。

目やにはいろんなときに出ます。
細菌による結膜炎、ウイルスによる結膜炎、アレルギー性結膜炎、ドライアイ、ものもらい、などなど。このどれにも効く目薬というのはありません。

抗菌薬の目薬は細菌性結膜炎やものもらいに効果がありますが、濃度が薄くて効かないこともありますので、市販の目薬を使ってみて効果がなければ眼科を受診してください。

Byみさき眼科クリニック@代々木上原

PageTop

とよんちのたまご@下北沢

たまご屋さんなのですが、プリンを売っています。
201110280906000


201110281321000

うーん、ちょっとバニラの風味が強すぎるかなあ…。
卵型の容器がかわいく、これがショーケースにずらっと並んでいるのは楽しいです。おみやげにいいかも。

とよんちのたまご@下北沢
世田谷区北沢2-37-16
Tel: 03-5790-9385
10:00-20:00
ホームページはこちら

PageTop

眠くなる薬はよく効くの?

花粉症の時期当院でも飲み薬を出すことがあります。(鼻の症状がある方のためです。目のかゆみにはやはり目薬のほうが効果的です。)
昔からあるアレルギーの飲み薬の中には眠くなるものが多いのですが、最近の調査では眠気とアレルギーをおさえる効果は必ずしも一致していないとされています。眠くなるから強い薬、というわけではないのです。

眠気などの副作用の出方、鼻の症状への効果は、どうも個人差があるようです。飲みやすい、そして効果のある薬を処方するために、いままで使って良かった薬をおぼえていてください。当院では初めてアレルギーの薬を飲む、という患者さんには、少量処方をして試してもらっています。

Byみさき眼科クリニック@代々木上原

PageTop

糸切れ

「目がゴロゴロする」と言って受診する患者さんの中に、たまに手術で縫った糸が切れている、あるいはゆるんでいることがあります。
Suture
写真左は白内障手術を数年前に受けた方です。最近の白内障は縫わないことが多いのですが、たまに手術後にこのようなナイロン糸が残っていることがあります。右は角膜移植後ですが、連続して縫ってある糸が一か所切れて出てきてしまっています。糸のゆるみや切れている状態は放っておくと、そこから感染を起こすことがあるので抜糸が必要です。写真右のように連続して縫ってある場合には、すべてを抜糸します。外来でできる処置ですので、入院する必要もありません。(ただし、眼科によっては器具等がないために、できないこともあるようです。)

Byみさき眼科クリニック@代々木上原

PageTop

Chioben@代々木上原

当院近くのBarカームスを借りて、昼間だけお弁当の販売をしています。(この時間差利用の考えって好きです。)(2014年現在のお弁当はタイ料理屋さんのです。)
201111041301000

色んな味がこれでもかと詰め込まれた、思ったより大きなお弁当です。不思議なのは仕切りもないのに味が混ざらないこと。これで800円(たこめしにするなら100円プラス)とはすばらしいなあ。ハーブを使ったり、パクチーが入っていたりするので、普通のお弁当を想像して食べた人はびっくりするかも。どのおかずもおいしく、楽しく食べられます。女性やシニア向けのミニ弁当もあるといいかも。でもそうするとおかずの種類が減っちゃいますね…。

Chioben@代々木上原
店頭での販売:月〜金 12:00-15:00(売切れ終了)
場所:Barカームス 渋谷区上原1-18-7

予約などの案内についてはこちらへ
2014年2月追記:今でもケータリングサービスやっているようですが、代々木上原には来ていないようです。とってもおいしいお弁当なので、また食べたいと切望する地元民多し。
2015年3月追記:雑誌でお見かけしましたが、現在はケータリングサービスのみだそうです。

PageTop

涙小管炎・涙小管結石

なかなか治らない結膜炎で受診する患者さんの中に、目から鼻につながっている涙小管に炎症がある場合があります。放線菌がかたまりとなり結石を作るため、これを器械的に出さないと治りません。
Photo_3

写真左は涙小管炎があるために、涙点部分が変形しています。(これが涙小管炎を疑うサインです。)圧迫すると白っぽいものが涙点内に見えていますが、これが結石です。圧迫して結石を出す治療をおこない、サワシリンやミノマイシンという薬を飲んでもらうこともあります。

Byみさき眼科クリニック@代々木上原

PageTop

シェーグレン症候群

重症ドライアイであるシェーグレン症候群は、目薬だけではなかなか治療効果の出ないことがあります。
Photo_2
写真左は治療前のシェーグレンの方の写真ですが、角膜下方に黄色く染まる傷が見えています。右は涙点プラグによる治療後で、傷は消えて涙もほどよくたまっています。(涙を黄色く染めています。)治療前は目をあけるのもつらかったため、私が手で開瞼していますが、治療後は自然に開けられるようになり写真も撮りやすくなっています。

ドライアイと言われ、現在の治療で症状が改善しない場合、涙点プラグを入れたほうが良くなるでしょう。涙点プラグについては、当院ホームページ「ドライアイ外来」を参照ください。

時にドライアイの診断自体間違っていることもあります。ドライアイが重症だからと言って、点眼薬や軟膏の数が増えている場合、その治療自体が目に傷を作っていることもあります。ドライアイを専門としている眼科でご相談ください。

Byみさき眼科クリニック@代々木上原

PageTop