みさき眼科クリニック@代々木上原

老眼鏡を上手に使うには

メガネ処方の際に

1 どういう時に使うかをはっきり説明する。
近くを見るのは読書ばかりとかぎりません。最近はパソコン用のメガネを処方することも多くなりました。デスクトップとのノートではちょっと画面までの距離も異なるので、確認しています。
趣味で手芸をされる場合には、かなり近くの細かいものが見えるような度数にします。仕事で料理をされる場合も、ずっと調理しているのか、お客さんの顔を見ながらの寿司職人なのか、それによってもメガネの処方が変わってきます。

2 数年ごとに度数を変える。
老眼は70歳くらいまで進行します。いままで見えていたものがそのメガネで見えなくなればレンズ度数の変更時期です。だいたい2,3年ごとのようです。

3 遠近両用は万能ではない。
遠近両用メガネはレンズの上部分で遠くを下部分で近くを見ています。それは通常近くを見るときには下を向くからです。ただ、パソコンの画面はちょっと顔をあげてみる位置にあるため、遠近両用でパソコンをしようとすると、顎をあげてみる姿勢になり、これはかなり疲れます。パソコン用のメガネを作ったほうが楽です。

Byみさき眼科クリニック@代々木上原

スポンサーサイト

PageTop

ミレイネ@代々木上原

地元の人には大黒湯の隣、と説明するとわかりやすいですね。焼き菓子(クッキー、マフィン)のお店で、イートインもあります。

添加物、白砂糖、卵、乳製品を使っていないお菓子だそうです。なので、アレルギーのある方、ダイエットしている方には良いでしょう。
美味しいものって、体に悪いのかなあ…。

ミレイネ@代々木上原
渋谷区西原3−24−8
Tel: 03-6407-9331
10:00-18:30
定休日:日・祝
ホームページはこちら

PageTop

診断書?

「今日眼科に来る必要があって仕事を休んだので、メモ書きで良いのでそのように書いてください。」
という目的にあった書類は、診断書になります。(3000円から5000円の診断書代が自費でかかります。)

眼科を受診した証拠、ということであれば、領収書や診療内容の明細を提出すれば、日付も入っていますので使えると思います。
紙切れに私が書いたものより、信用してもらえるはず…。

Byみさき眼科クリニック@代々木上原

PageTop

眼底写真が撮れないのは白内障のせい?

眼科医が眼底検査をする場合、目薬を使って瞳を大きくして見ることができるので(散瞳さんどう検査と言います。)、写真では撮れない眼底のはじもチェックできますし、白内障がある程度あっても検査ができます。眼底写真を撮る場合、白内障が少々あるだけでピンぼけになってしまうことが結構あります。

特定健診で眼科を受診された場合には、眼底写真が撮れなければ散瞳検査をおすすめできますが、内科で眼底写真を撮ろうとして撮れなかったときに
「白内障のせいですね。」
とすませてしまうことがあるようです。

その場合には眼科に行き、本当に白内障なのか、他に眼の病気がないのか、きちんと確認されたほうが良いでしょう。無料でできる検査だけを希望される気持ちもわかりますが、料金だけにこだわって、病気の早期発見という機会を逃すのは残念なことだと思います。
そして以前にも書きましたが、特定健診の眼底写真は、動脈硬化・高血圧性変化をチェックするのが目的で、「眼の健診」ではありません。眼のことは眼科医にご相談ください。

Byみさき眼科クリニック@代々木上原

PageTop

パティスリー・ビヤンネートル@代々木上原

クリニック真ん前の酒屋さんあとがケーキ屋さんになりました。
モンブラン、ロールケーキ、マンゴーのお菓子を試してみました。

201007131316000


私はパンもお菓子も個性的なものが好きなので、もうちょっとひとひねり欲しいなあと思ってしまうのですが、一般受けして売れるにはこれくらいのほうが良いのかも。


パティスリー・ビヤンネートル@代々木上原
渋谷区上原1−21−10
Tel&Fax: 03-3467-1161
11:00-22:00
不定休

ホームページはこちら

PageTop

虫さされ?

まぶたが腫れあがり、「虫にさされたのでしょうか?」と受診される方が時々あります。虫さされの場合、さされた場所(刺口)があります。それが見つからないときには、「ものもらい」があったり、アレルギーによるものだったりします。

市販のかゆみ止めは目の回りに塗れませんので、虫さされであっても眼科の薬が出せますし、虫さされ以外なのかの診察もできますので、どうぞ受診してください。

Byみさき眼科クリニック@代々木上原

PageTop

「疲れ目の目薬ください。」

「目の疲れ」も大事な「症状」です。

診察が終わり、では、と席を立った患者さんが
「ところで『疲れ目』の目薬もらえますか?」
と言われることがけっこうあり、(あー、目が疲れるなら、最初から言っていただいたほうが、順序だてて診察したのに…)と残念に思います。

もちろん「眼精疲労」に処方される目薬はありますが、目の疲れを訴える患者さんの多くは、メガネがあっていない、あるいは必要なのにかけていない、のです。
目が疲れるのであれば、視力検査が必要ですし、お手持ちのメガネがあるのであればその度数、そのメガネをかけた見え方をチェックしますので、どうぞお持ちになってください。

Byみさき眼科クリニック@代々木上原

PageTop

「目に良いことってなんですか?」

「目に良いことを教えてください。」と患者さんによく聞かれるのですが、その答えは…

特にありません!
あったら自分でやっているはずです。(眼科の専門ですから。)
目は歯とちがい、基本的に手入れが必要な場所ではありません。
(コンタクトレンズは別の話です。毎日の使い捨てレンズ以外はレンズもケースも手入れが必要です。)

ポイントは必要な時に眼科にかかる、ということだと私は考えています。

たとえば
いつもは見えていたのに、見えない。目ヤニが出る。痛い。
などの「異変」があった場合。

あとは
小学校入学前。学童期にメガネがあっているか。
という目の成長期の視力の検査が必要なとき。
(学童の視力検査ばかりが重視されているようですが、目が「見えるようになる」一番大事な時期は小学校入学前です。)

そして
40歳以上になり、緑内障のパーセンテージが上がってきたとき。
糖尿病があり眼底検査が必要な場合。これは「眼科での」定期的な受診が必要です。(内科で眼底写真を撮って「大丈夫です」と言われている人が多いのに驚きますが、はっきり言ってそういう内科は「大丈夫」な内科ではありませんよー。)

異変(症状ですね。)を感じて受診した患者さん(そしてそのお連れの方)に、その年齢に応じて必要な検査をご説明しています。

Byみさき眼科クリニック@代々木上原

PageTop

白内障の目薬

「白内障手術後にもかかわらずカタリンKの処方を希望していた患者」という記事が日経メディカルオンラインに載っていましたが(このサイトは医師に限らないのですが会員制です。この記事のように医師限定のものがあります。)、これは珍しい話ではありません。施設に入るために薬のチェックを、ということで久しぶりに眼科を受診して発覚することがあります。

「患者やその主治医と、コミュニケーションをとって治療の状況などを把握するようにつとめる。白内障にかぎらず、手術の前後で処方薬が不要になる場合があることに留意する。」
と対策が示してありましたが、基本的に目の病気の治療は眼科でしてもらったほうが良いでしょう。(地域によっては眼科受診が相当大変なこともあるのは知っていますが…。)眼科以外の科では、白内障の程度や手術を受けたかどうかはわかりません。

カタリン、カリーユニは白内障進行予防の目薬ですが、使わないと何か重大な障害が起きる、というものではありません。(白内障のほとんどは老化現象ですので、100%の人がなるものです。)

以前に認知症のひどい方で目薬を嫌がり、家族や施設職員が押さえこんでカリーユニを点眼しているけれど、どうしましょう、と相談を受けたことがあります。薬を使うベネフィット、薬を使わないデメリットの比較の問題なので、点眼をやめてもらいました。

白内障の手術を受けたことを本人も家族もわかっているのに、この目薬を続ける理由に、白内障は再発すると思っている、ということがあるようです。白内障は一回手術をすれば大丈夫なもので、再発することはありません。 「後発白内障」と呼ばれる、手術後に濁りが出ることはありますが、これはレーザーで治療できるもので、同じ手術を受けることは通常ありません。

Byみさき眼科クリニック@代々木上原

PageTop

Lily of the valley bakery@代々木上原

天然酵母のベーグルのお店。なんとあの「マルイチベーグル」移転後の場所です。まったくの同業でお店を出すって勇気がいると思うのですが…。

残念ながらマルイチほどの個性はないベーグルですが、近所で焼きたてベーグルを買えるのは良いことですね。

Lily of the valley bakery@代々木上原
渋谷区上原3−2−3
Tel: 03-5454-0777
営業時間:11:00-18:00
定休日:水・木
食べログにリンクしておきます。

またちがうベーグル屋さんになっています。

PageTop