みさき眼科クリニック@代々木上原

網膜静脈閉塞症

眼底出血でよく見かけるのが網膜静脈閉塞症です。高齢者に起きることが多く、動脈硬化が原因であることが半数以上と言われています。出血性梗塞と呼ばれる火炎状の出血が見られ、視力に一番大事な黄斑(おうはん)部にむくみが起きると視力が低下します。以前はレーザー治療をすることが多かったのですが、最近は薬剤を眼球内に注射することが行われています。

 アバスチン(一般名:ベバシズマブ)という薬は、異常な血管の増殖や成長を抑える薬です。また、網膜のむくみに対する治療効果もあるとされ、眼内の新生血管が原因となっている加齢黄斑変性や糖尿病網膜症、網膜静脈閉塞症に治療効果をあげています。

写真は網膜静脈分枝閉塞症の当院受診時と大学病院にてこのアバスチンを注射してしばらくたったころの写真です。
3
4

Byみさき眼科クリニック@代々木上原

スポンサーサイト

PageTop

薬を飲んでいれば病気は「ない」の?

眼科は独立した、やや特殊な診療領域ですが、他の科で治療している薬の影響が目に出ることや、治療している病気そのものにより目に症状が出ることがあります。そのため、必ず「他の科で治療している病気はありますか? 持病はありますか?」とお聞きしているのですが、「ない」と言われた場合でも、後から「○○という薬が目に副作用が出るって言われたけど。」と言われて、見せてもらうと飲んでいる薬が山ほどあったり。

これは「飲んでいるお薬はありますか?」と聞くべきなんでしょうね。というか聞いているのですが、「飲んでいて良くなっているので病気はない。」と思っていることが多いようです。特に高血圧は血圧が正常になっていると病気という認識がないようです。あと精神科・心療内科の薬の場合、治療していることを言いたがらないことが多いのと、「薬ではない。落ち着くためのもの。」という解釈をしていることがあるようです。

治療されている病気や持病などは、どの科の診察時にもお話ください。

Byみさき眼科クリニック@代々木上原

PageTop

沖縄創作料理 琉球食堂@幡ヶ谷

先日小学校のクラス会で集まったお店です。
まあいわゆる「沖縄」のお料理です。ただ意外に中が広いのと、変な時間に人数のはっきりしない団体が長時間いても文句言われなかったので、こういうクラス会の時には便利だろうと思いました。

沖縄創作料理 琉球食堂@幡ヶ谷
渋谷区西原2−30−1 幡ヶ谷駅からすぐ。
電話:03−3468−0709
0066−9675−24479(予約専用番号)
営業時間:月・水—日 11:00-14:00 月・水—土 18:00-02:00 日 18:00-24:00
定休日:火曜

ホームページはこちら

リンク先は食べログです。

PageTop

治療法を選ぶのは患者さん自身

現在行われている検査・治療は、長年の研究や診療経験から効果があると判断されているものです。おすすめする治療法をやりたくない、という患者さんに遭遇することが時々あります。
若いころの私は
「どうしてこの治療をしないの。治らないよ!」
とムキになったものですが、最近はそれも患者さんの選択肢かと思うようになりました。

スタンダードな治療を選択しなければ、治らない、あるいは治るのが遅い、そして後遺症が残る可能性が高くなります。おすすめする治療方法は、治療のメリットがそのデメリットより大きい場合です。もちろんどんなことでも100%絶対ということはないので、治療したほうの合併症が出てしまうこともあるのですが、これは確率の問題だと思います。
それを説明して、選択肢を示すのが我々の仕事だと言えます。

ただし、効果があるとされている方法以外で、同等もしくはもっと優れた治療をしてほしい、と言われると困ってしまいます。北海道に行くのに飛行機には乗りたくない、でも飛行機と同じくらいあるいはもっと早く着く方法があるはず、というようなものです。

Byみさき眼科クリニック@代々木上原

PageTop

名医はネットにあり

「私の病気はネットで調べると○○です。その病気に聞く薬は△△なので、それを処方してください。」
と言われることがあります。病名があっていることもあるのですが、これは診察をしてみないとわからないことです。(ちがう病気のことも当然あります。)せっかく医療機関に来て、それも初診料を払っているわけなので、診察を受けた上で診断をつけてもらったほうが、いわば「お得」だと思うのですが…。
「いえ、診察はいりません。ただ医療機関に来ないと処方してもらえない薬なので…。」
と言われても、診療なしの投薬は違法行為です。どうぞきちんと診察を受けてください。

Byみさき眼科クリニック@代々木上原

PageTop

目が良いと集中できない?

先日お母さんと来院した小学生のお子さんの話です。
学校健診で視力はいいのに、読み書きに集中できない、頭痛がすると言うことが多くなってきたので、何か病気があるのでは、と。

話を聞いた瞬間に、遠視があるんだろうな、とわかりました。遠視の目の場合、自分で調節して見ていますので、視力検査のときには良い視力となりますが、疲れてくると調節ができなくなり、見えにくく集中力を欠くようになります。外で遊んでいるときには近くを見ないので調節する必要がなく目が疲れません。そのために勉強嫌いのようにみえてしまうことがあります。

お子さんが集中力に欠けるように思えるとき、見え方に問題がないか疑ってみてください。学校健診の視力検査は、学業に影響があるような視力低下があるかを調べるための検査でしかありません。眼科の視力検査とは意味がちがいます。

Byみさき眼科クリニック@代々木上原

PageTop

マイボーム腺梗塞

まぶたの縁、睫毛の内側には、マイボーム腺と呼ばれる油の分泌腺が開口しています。通常は透明の油が分泌されているので見えませんが、時に写真のように油が固まってしこりになることがあります。
1
この写真の状態では特に症状も出ていないのですが、固くなった油が目の表面をこするとごろごろしたりするので、取ることがあります。この写真の患者さんは、症状が出る前に取ってほしいと希望され、油のかたまりをとりましたが、「取りがい」のあるかたまりでした。患者さんも私もすっきり。

Byみさき眼科クリニック@代々木上原

PageTop

森の朝@代々木八幡

毎年八幡様に初詣に行くときに前を通り、元旦からあけているんだなあ、と感心している町のケーキ屋さん。今回寄ったときは、地元の老夫婦がケーキをほおばっていました。(2席だけですが、イートインあり。)
201001081330000
シュークリームのクリーム量がすばらしいのですが、私は苦手なのでチーズスフレとジャポネ(小豆が入っているのかと思ったら、フルーツでした。はて?)を選択。変な言い方ですが、昭和の味のケーキなんです。子供のころ、おやつに買ってもらったような素朴な味です。チェックしてみましたが、ケーキは全部300円代でした。近くを通ったら、おやつにどうぞ、という感じです。
(スフレに切れ目が入っているのは、スタッフと半分こしようと切ってから写真を撮ることを思い出したためです。)

森の朝@代々木八幡
渋谷区元代々木町20-1
03-3485-1123
10:00〜20:00
定休日:火曜
リンク先は食べログです。

PageTop

「おかわりありませんか?」

「前回と同じ薬をください。」
という患者さんに
「では、診察をしてから。」
とお話すると、
「かわりがないので、処方箋だけください。診察はしなくて結構です。」
と言われることがあります。
症状に変化がないことをチェックするのも診察です。そして実は診察なしの「おくすりだけ」処方は違法行為です。

「でも、他のところでは先生に会わないで薬だけくれますよ。」
という患者さんもいらっしゃいますが、それはそこのドクターがカルテだけでもチェックしているはず。(と信じたいところです。)
処方の薬は薬局で買う薬とは異なります。医師の診断に基づく処方です。もし、何カ月も診察を受けないで薬をもらっているとすれば、ちょっと心配です。

Byみさき眼科クリニック@代々木上原

PageTop

休日・夜間に具合が悪くなったら

都内に限っての話になりますが東京都医療機関案内サービス「ひまわり」というサイトがあります。 検索項目が細かすぎてちょっと使いにくいのですが(渋谷区上原、まで入力します。)、最終的には区が異なっても近くの医療機関が出てきますので、まあ大丈夫かと。

同じサービスで音声応答受付のテレホンサービスは03-5272-0303まで。
24時間対応で休日・夜間の問い合わせ時間に診療を行っている近くの医療機関を案内しています。(内科・小児科・眼科・耳鼻科・歯科)

東京消防庁・災害救急情報センターは24時間対応。
都内23区 03-3212-2323 多摩地区 042-521-2323

渋谷区の休日診療所
ひがし健康プラザ診療所(診療時間 9:00~19:00)
〒150-0011 渋谷区東3-14-13 TEL:03-5466-2370

夜間診療所は
渋谷区医師会付属診療所(診療日時 土曜日・休日 19:00~22:00)
〒150-0031 渋谷区桜丘町10番1号 渋谷区医師会館内 TEL:03-3462-2200

渋谷区では日曜・祝日に眼科と耳鼻科が交代で休日診療を行っています。9時から17時まで。ただ、眼科の場合、日曜日もやっているところが都内は結構あるので、休日当番医のところにはほとんど来ません。(眼科の休日当番もやめればいいのに、と思ってます。)夜間は大学病院のみの対応です。

Byみさき眼科クリニック@代々木上原

PageTop