みさき眼科クリニック@代々木上原

あなたのことが気になります。

眼科でお仕事のことや趣味などを細かくお聞きするのは…

決して患者さんに個人的に興味があるわけではないのです〜!!

老眼鏡の処方をする時には、どれくらいの距離でどういう物を見るのか、どういう作業するのか、ということが大事です。視力検査の時に手元30センチでよく見える度数はもちろん確認しますが、メガネの処方時にはどういう時に使うのか詳しくお聞きしています。パソコンを見るにしても、デスクトップなのかノートなのかで微妙にちがってきます。

近視の矯正手術、LASIK(レーシック)の手術を受ける時にも、どういう目の使い方をしているのか、検査員が詳しく確認します。若い女性の検査員が多いので、勘違いしてしまう方がたまにいらっしゃるようです…。

Byみさき眼科クリニック@代々木上原

スポンサーサイト

PageTop

おいくつですか?

当院では40歳すぎの患者さんの場合、ものもらいなどで来院し直接症状と関係なくても、視力、眼圧、眼底写真の検査をおすすめしています。緑内障の早期発見のためです。
そのため診察時に何歳かしら、と確認していますが、結構驚くことが多いです。(プラス、マイナス双方の驚き。)

(自分の出身地だからというわけではありませんが)代々木上原のあたりはこぎれいな身なりで、若く見える方が多いです。あと、昨今のお母さんたちって、きれいでおしゃれですねえ。

Byみさき眼科クリニック@代々木上原

PageTop

病院(主治医)を変えるには

だいぶ前の話ですが、
「あんたは町医者だから信用できない。大学病院に紹介状を書いてくれ。」
と言われたことがあります。ここまでストレートに言う方は少ないのですが、やっぱり言われると素直にハイ、とお答えしにくいのは医者も人の子ですから…。

今の治療でいいのか、もっと良い治療方法はないのか、と知りたい気持ちもよくわかります。その場合に主治医を変えるのがむずかしいこともわかります。元の主治医との関係を壊すことなく、セカンドオピニオンをもらいやすい方法があります。「引っ越すので、いままでの経過を書いた紹介状をもらえませんか?」と頼むのです。

ものすごく特殊な病気で、専門としている医者が日本に数人しかいない、という場合には宛先も決まってしまいますが、そうでなければ「引っ越し先がまだはっきりしない」と言っても大丈夫です。
こういう紹介状であれば、いままでの経緯も処方薬もしっかり書かれていますので、次に診察した医者にもよく状況がわかります。(紹介先ドクターに本当のことを言うかは状況次第でしょう。)そして、紹介先に行ってみて、もともとの医者のほうが良かった場合(実際よくあります。)、「引っ越さなくてよくなりました。」と戻ればOK。

どの医療機関にでも受診できる、という日本だからできることですが。(アメリカでは保険診療では受診できる病院が指定されます。)
(冒頭の患者さんは、結局大学から戻ってきました。)

追記:結構検索でこの記事に来る方が多いですね。同じ病院内で主治医を変えたいこともあると思いますが、その場合には主治医の外来日の曜日に来られない、と言うのも一つの手だと思います。ただ、人事異動で医者側の曜日もまた変わることがあるのですが…。
入院してからの主治医変更はむずかしいでしょうねえ。

Byみさき眼科クリニック@代々木上原

PageTop

ガテモタブン@代々木上原

本邦唯一のブータン料理。
辛いのが特色。トウガラシマーク3つまではなんとか大丈夫のようです。
鶏肉とキャベツの炒め煮がなかなかおいしかったです。(写真は湯気にけむるその料理。赤いのが唐辛子です。)

200907011828000

前を通るときにランチメニューを黒板でながめていて
(ブータン料理ってずいぶん日本料理に似ているのね。)
と思っていたら、いまランチはブータン料理を出していないそう。

ネットで酷評している人がいたので、あんまり期待していなかったのですが、うちのスタッフ大喜び。ジンジャーエールも、デザートのイチジクとブルーチーズのケーキもミルクティーも美味しかったです。満足。

お店がすごく小さいのと、おなかいっぱい食べて飲むとそんなに安くはありません(一人4000円以上)ので、注意。

Gatemo Tabumガテモタブン@代々木上原
Lunch: 12:00 ~ 14:00
Dinner: 18:00 ~ 23:00
定休日:月
〒151-0062 東京都渋谷区上原1-22-5
Tel/Fax: 03-3466-9590
ホームページはこちら
絵がかわいい。お店の名前をガテモブタンと思っているのは私だけではないはず。

PageTop

目薬の副作用

他院での治療効果がいまひとつで、点眼薬が増えたのに全然ダメ、と不安になり当院にいらした患者さん。これはもともとの病気はわからないものの、今の状態は点眼薬に含まれる防腐剤による障害なので、だまされたと思って全部薬をやめてください、と説明したところ、あまり納得がいかない顔で帰られたものの、2週間くらいたって、
「…あの、ほんとによくなったんですが?」
「ああ、そうですね。こちらから見ても、まったく正常の状態に戻りましたね。」
「で、私はどうすればいいのでしょう?」
「? えー、これで診療は終了ですので、もう来なくて大丈夫です。」
「ええっ!」
私(???)
「あのー、病院って、ずっと通うものじゃないんですか?」
「ああ、病気によります。」

私の専門は前眼部と呼ばれる、目の前のほう(病名でいえば、ドライアイ、アレルギー性結膜炎など。)です。点眼薬による副作用は結構興味を持っています。眼科で処方される目薬のほとんどに防腐剤が入っていて、時に目の表面に傷を作ります。最近は防腐剤を使わなくても大丈夫な点眼瓶の工夫もされ、いろんな薬が出てきていますので、目の状態を見ながら変更することもあります。

薬が好きな患者さんも結構いらっしゃいますので、必要最小限の処方しか出さない私のところを気に入らない患者さんが実際いるのも知っていますが、これは診療スタイルのあうところを選んでもらえればいいのだと思います。
(でも、なおらない場合、使っている薬がよくないのでは、とちらっと思ってくださいね。)

Byみさき眼科クリニック@代々木上原

PageTop

目薬はおまじない??

眼科医によっては意見が分かれるところもあるでしょうから、あくまで私個人の考えと思って読んでください。

眼科で処方される目薬には
1 絶対に必要なもの
2 さして楽になるなら使ったほうがいいもの
3 使っても使わなくてもいいもの
があると私は思います。

絶対に必要、とは、たとえば緑内障がはっきりとしている場合や、感染症に対する治療が必要、というときです。
アレルギー性結膜炎は症状がつらいときには治療が必要ですが、治れば点眼を続ける必要はありませんし、ドライアイも状態が良いときには点眼がいらなくなる場合があります。
3のいわば「どうでもいい目薬」には白内障の目薬が入ると思います。カリーユニ、カタリンです。もちろん白内障の進行を遅らせる、というデータがあるから処方薬として存在するので、まだ手術を受ける希望がなく、「まー、目薬でも使っておきますか。」と希望する方には私も処方することがあります。

でも「この目薬をしないと失明する。」と眼科で言われた、という患者さんに遭遇すると同じ眼科医として悲しくなります。そういう眼科は「一ヶ月ごとに来院しないと失明する。」とおどかすことが多いようです。そう多くはありませんが、白内障で失明するようなこともあります。でも、もしそうなら、そして一ヶ月で進んでしまうような状態なら、手術を受けたほうがいいと思いませんか?

Byみさき眼科クリニック@代々木上原

PageTop

手打蕎麦 ごとう@代々木上原

代々木上原南口、吉野鮨の脇を入ったところです。
まだ若い店主夫婦のイメージそのままのお店で、なんとなく店が倦怠期に入っている(?)山せみとは好対象かも。正直に言うと、蕎麦そのものは山せみのほうが私は好きです。まあ、蕎麦は意見がいろいろわかれる食べ物だし、天ぷらなどはごとうのほうがおいしいので、比べてみるのもおもしろいかも。

手打蕎麦 ごとう@代々木上原
11:30-14:00
17:00-23:00 (L.O. 22:00)
定休日:日
リンク先は食べログです。

PageTop