みさき眼科クリニック@代々木上原

ダリオルール@代々木上原

代々木上原駅の南口と、井の頭通り沿いに二軒あるケーキ屋さん。どちらもイートインあり。
このケーキ屋さんができたときを私ははっきりと覚えています。家の近くで「ショートケーキ」以外のきちんとしたケーキが食べられるようになった! と感動したものです。ネットでフルーツケーキの美味しさを書いている方がいたので、今度試してみようかな。
スイーツブログでの紹介はこちら

ダリオルール@代々木上原
10:00-20:00
無休

2014年末に閉店しました。


byみさき眼科クリニック@代々木上原

スポンサーサイト

PageTop

糖尿病と言われたら眼科へ(糖尿病網膜症)

糖尿病の合併症の一つに網膜症があります。ひどい場合には失明の原因ともなりますが、早めに発見してレーザー治療をすれば進行を止めることもできます。糖尿病のコントロールが悪い場合、また糖尿病になって長い年月がたつと網膜症が出やすくなります。眼科を受診された際に、いつから糖尿病があるのか、最近のHbA1c(ヘモグロビンエーワンシー)がいくつか、とお聞きするのはこの網膜症の危険性がどれだけあるのか、どのくらいの間隔で眼底検査をすればよいのか、という意味からです。

糖尿病がある場合、かかりつけの内科の先生から眼科へ行くように言われれば、その先生は合併症の怖さと眼科の専門性を理解している先生だと言えます。残念ながら眼底写真だけでは糖尿病網膜症の診断はつきません。瞳をひらく点眼薬を使わない眼底写真では、目の後ろの一部分しか撮ることができず、糖尿病網膜症はその写真に写らないところから始まることが多いのと、眼底写真の拡大には限界があります。眼科では特殊レンズを使うため、かなり拡大して見ることができ、早期の網膜症を発見することができます。

糖尿病と言われたら、必ず眼科を受診してください。なお、この場合の検査は散瞳(さんどう)検査と呼ばれ、検査用の目薬がきいてくるまで30分ほど時間がかかるのと、その後お帰りになったあと、4,5時間瞳が開いた状態になり、まぶしく見えにくくなります。車でいらっしゃると検査ができませんのでご注意ください。
byみさき眼科クリニック@代々木上原


日経メディカルオンラインに連載した「眼底写真で見ているものは?」にリンクしておきます。(全文読むには会員登録が必要です。)

PageTop

いつも清潔な器具で(さかさまつげ)

写真はさかさまつげを抜くための器具です。これは患者さんが思っているより実はかなり高額なのです。まつげの毛周期が一か月のため、そのたびに受診されている患者さんが購入されたいというので金額を教えたところ、「…だったら、来ます。」とのことでした。眼科の診察時には顕微鏡で拡大もしていますので、きっちり根本から抜くことができますしね。
Photo

この器具を使ったあとに、アルコール綿で拭くだけで次の患者さんに使っている眼科がけっこうありますが、涙の中にも感染力のあるウイルスは出てきます。当院では一人一人に滅菌した器具を使っています。(滅菌後のために袋に入っているのです。)
byみさき眼科クリニック@代々木上原

PageTop

山せみ@代々木上原

蕎麦屋ほど人の意見がわかれるところはないようですが、職場の近くに気軽に寄れるこういうちゃんとしたお蕎麦屋さんがあるのはうれしい。
昼間しか行ったことがないのですが、女性が喜ぶようなメニューも多く、うちのスタッフもお気に入りです。
地元の上原銀座商店街のホームページでの案内はこちら

山せみ@代々木上原
渋谷区上原1-17-14
電話:3460-6463
11:30-15:00 18:00-22:00
休み:なし

院長は蕎麦屋で一杯やるのも好き。 byみさき眼科クリニック@代々木上原

PageTop

眼科専門医

200812011111000
当院の診察室入口に貼ってあるのは、院長の私が眼科専門医であることを示すプレートです。
日本眼科学会が認定する研修施設で5年以上研修し、一定の数の手術を執刀するなどの条件を満たした後に、筆記と口頭の試験に合格した眼科医が専門医となります。その後は学会参加や発表、認定された研修を受講することで単位を取得し、5年ごとに更新するシステムとなっています。

コンタクトレンズの量販店に勤務しているのは必ずしも眼科専門医ではありません。もちろん若手ドクターで眼科専門医をめざして研修中の医師もいますが、かなりの数の他科ドクターがアルバイトしているようです。信頼できる眼科医であるかは、「眼科専門医ですか?」と質問してみることですが、ちょっと意地悪かもしれませんね。

眼科専門医として、ドライアイ、アレルギーの専門分野も学んできました。どうぞご相談にいらしてください。Byみさき眼科クリニック@代々木上原

PageTop

「まずは診察を」

Photo

写真は当院に入ってすぐのものですが、受付のすぐ隣が診察室となっています。視力検査は大事な検査ですが、最初に行うものではなく状況に応じて、と考えての設計です。

学校から「視力のお知らせ」を持ってきたお子さんや、メガネの処方ご希望でいらした方の場合、そして定期的に視力検査が必要な再診の方ではまず視力を測りますが、ものもらいをなおしたくて受診した患者さんでお時間のない方に検査をしては、本来の受診の目的が果たせません。まずは病気をなおし、そして必要な検査の説明をして、と考えています。

必要な検査が予想外に時間のかかるときもあります。お時間のない場合、検査の途中でもお話いただければ対応しますので、遠慮なくおっしゃってください。

診療のご案内は当院のホームページをご覧ください。Byみさき眼科クリニック@代々木上原

PageTop

カタネベーカリー@代々木上原

代々木上原のパン屋さんと言ったら、ここをはずすわけにはいかないでしょう。結構遠方からも買いにいらっしゃるようですが、お持ち帰りして時間が立つとちょっとベタつくときがあります。どちらかというと朝食のパン、お昼のサンドイッチを、というできたてパンを買いによる地元のパン屋さんだと思います。

カタネベーカリー@代々木上原
お店よりの案内はこちら。カフェもあります。

渋谷区西原1-7-5
(駅から住宅街の中を歩くと「本当にここにパン屋さんがあるのかしら?」と思うころに見えてきます。)
電話:03-3466-9834
朝7時から夕方6時半まで
定休日:月、第1,3日曜

院長はパン好き♡ byみさき眼科クリニック@代々木上原

PageTop

はやり目(流行性角結膜炎)対策

200812011113000

写真は当院の待合室ソファで、特別なものではありませんが、スタッフが拭き掃除をしている姿をよく見かけると思います。掃除好き、だけの理由ではありません。(院長は掃除好きではありますが…。)眼科でもっとも院内感染に気をつかうのが、はやり目(正式病名は流行性角結膜炎)で、その対策のためのアルコールによる拭き掃除をしているのです。

はやり目は、アデノウイルスによる結膜炎で、非常にうつりやすく、この結膜炎の患者さんがいらして、目ヤニのついた手で院内を触ると、ウイルスがそこに残ってしまいます。困ったことに、このウイルスは非常に強く、乾燥した場所でも何日も生き残っていて、他の患者さんに結膜炎がうつってしまう可能性があります。

目ヤニの出る患者さんがいらしたときはもちろん、最低でも日に二回(午前終了後と、一日の最後に)アルコールでソファ、受付カウンター、ドア取っ手、自動ドアのセンサータッチ部分などなど、拭き掃除をすることで感染予防につとめています。まだ目ヤニの症状での出ていない患者さんがいらしていることも考えて、の対策です。

通常クリニックの待合室にある雑誌が当院にはないのも、この結膜炎対策のためです。雑誌は消毒することができません。せっかく病気を治すために来ている病院で、雑誌を読んだために結膜炎になってしまっては申し訳ないので、置かない方針としています。

目ヤニが出てもこの結膜炎とはかぎりません。どうぞご相談ください。Byみさき眼科クリニック@代々木上原

追記:「流行性角結膜炎」と検索していらっしゃる方が多いので、参天製薬の「はやり目」の解説ページと、当院ホームページの病気の説明ページ「結膜炎」にリンクしておきます。

追記その2:「流行性角結膜炎」のキーワードでこのページにいらっしゃる方が多いので、自ブログ「花粉症? はやり目?」にもリンクしておきます。

PageTop

眼底写真(緑内障を見つけるために)

以前はポラロイドの眼底写真が主流でしたが、現在ポラロイドは製造中止となり、デジタル写真が活用されています。デジタルは電子カルテとの連動も可能なので便利ですが、何しろその画像の美しさには驚きました。そして診察室のモニター上で拡大して見ると、緑内障の初期変化が出る視神経乳頭の状態がよくわかります。

モニター上での通常サイズと拡大したものを、従来のポラロイドサイズに近い写真と比較して載せますが、その大きさがよくわかると思います。(モニターの写真は40歳以上のために眼底写真をおすすめしたところ、たまたま緑内障の初期変化と言える視神経乳頭近くの出血が発見された方のものです。)

200812011059000
200812011059001

写真はすぐ撮れ、お見せすることができます。どうぞご相談ください。Byみさき眼科クリニック@代々木上原

PageTop

ハリッツ@代々木上原

代々木上原のドーナッツ、と言えばハリッツ。ふわふわのドーナッツです。
ネットでの評価がばらばらなのは、おそらく来店したときにドーナッツがあるか、ないか、によるのではと思っています。
いつも揚げたてを、というポリシーのために、ショーケースにドーナッツがたくさんあるのを私も見たことがありません。そしてお持ち帰りは一人5個まで、とされているので、何かの折に寄ってみてドーナッツがあればラッキー、という感覚でお寄りください。

お店のホームページはこちら。民家を改築して使っているので、初めての方は見つけにくいようです。

ハリッツ@代々木上原
[OPEN]平日8:00-19:00 土日11:00-18:00
[定休日]月曜・第1・第3日曜
[住所]東京都渋谷区上原1-34-2
[電話・FAX]03.3466.0600

PageTop